スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロミオ×ジュリエット(Romeo×Juliet)』 ロミオ 

ロミオ

『ロミオ×ジュリエット』のロミオです。
普段着と礼服・・・どちらを描こうか非常に迷ったのですが、“うむ、礼服姿の方が、荘厳な感じがするかも!!”と、言う何とも単純明快な理由から、こちらのコスチュームになりました♪
本編中では、ほんのちょっぴりしか登場しないのが玉に瑕・・・ってとこでしょうか(´▽`;)

ロミオは、現大公【モンタギュー】の息子である。
父のやり方を正しいとは思っておらず、自ら市中に下り、民の様子を見て回る事も屡々。
父の決めた許嫁(ボロメオ家の一人娘【ハーマイオニ】)がいるが、本当の恋がどうか分からず、今一本気になれない。
街で出会った【ジュリエット】に恋をしてしまうが、彼女は嘗て父が滅ぼした一族【キャピュレット家】の娘である事を後々になって知るが・・・。

これは2人の若者の“恋”のお話。
しかし、“恋”と呼ぶには余りに過酷で切ないお話---。

物語の舞台となるのは空中浮遊都市【ネオ・ヴェローナ】。
キャピュレット家統治の下、“神秘の力”の恩恵に恵まれ栄華を誇りしヴェローナは、14年前のモンタギュー家反乱により、その平和は過去のものとなりき。
暴君による悪政が敷かれ、人々の貧富の差は、より明白なものとなった。

キャピュレット王家の血を引きし、唯一人の生き残りである少女、ジュリエット。
両親の仇、 そして、独裁者の息子であるロミオ・・・。

残酷な運命は偶然にも彼等を引き合わせ、結果、2人は止まる事の無き深き恋に落ちて行く---。

ロミオの父親・モンタギューが、とんでもない暴君である事は、既に周知の通り。
だが、そんな彼にも、決して人に知られてはならぬ秘密があった。
それは、第17話「暴君~漆黒の因縁~」にて明らかにされる。
モンタギューの母親は、実は娼婦であったのだと言う。
病床の母から、己の実父がキャピュレット家の貴族である事を聞かされた幼き時分のモンタギュー。
「あんたのお父さんはね、貴族様なんだよ。しかも、キャピュレット家のね・・・。本当なら、あたしもあんたも貴族の街で楽に暮らせる・・・はず・・・だったんだ・・・よ・・・」
そのまま、涙を流しながら息を引き取った、哀れ極まる母親の死に様は、モンタギューの心に、キャピュレット一族への深く激しき憎悪を駆り立たせた。

「覚えておけ。お前に野心があるならば、世の中を突き動かすのは、恐怖と憎しみだ・・・!!!」
そう語り、マキューシオの父親・タイタスを容赦無く斬り捨てたモンタギューの内からは、人間らしき心など、微塵すら感じられない。
正に鬼神の如し。

そして、もう1つの衝撃の事実。
それは、何かとジュリエットの支えとなってくれるイケメン貴公子【ティボルト】が、モンタギューの隠し子であった事!!
嘗て、モンタギューはティボルトの母に近付き、そして、捨てた。
その後、ロミオの母親【ポーシア】と結婚したのだと言う・・・。
ティボルトの母は、彼を出産した後、直に亡くなった様だが、その無念なる心の内は、如何許りのものであったのだろう・・・。

母親に起因する、“憎しみ”の連鎖。
それはモンタギューとティボルト、共通の感情。
そう言った意味では、彼等は親子以上に親子と言えなくもない・・・か。

しかし、ロミオとティボルトが、まさか異母兄弟だったとはね~。
はっきり言って、全然似てないや~ん★
否、寧ろ対照的・・・??!
これが、温室育ちと雑草の「差」と言うものだろうか。
それにしても、雑草育ちのティボルトの方が、モンタギューにより似ていると感じるだなんて、彼等にとって、これ以上の皮肉は無い・・・ってね(´д`;)ノ

グラディスカ鉱山の一件において、より男らしさを増したロミオ。
そして、第19話「継承~我こそは~」にて、“赤い旋風”として再び民衆の前に颯爽と現れたジュリエット。
彼等の目指すものは、“希望”に満ちた新しきネオ・ヴェローナ。
独裁的な暴君を切り捨て、市民によって統治される世界---。

ラストまで残り数話となったこの作品、メインテーマであろうロミジュリの恋の行方は勿論の事、実はモンタギューやティボルトの進み行く前途も非常に気になる部分であったり・・・。
“息子であるロミオを愛しているから、モンタギューに対する憎しみはもう無い”
当のジュリエットがそう語る以上、まさか大公を殺害してヴィクトリーを勝ち取る・・・だ、な~んて事も有り得なさそうですし・・・。
いって幽閉ってとこでしょうか。
うぅむ、各々の問題がどの様なソリューションによって解決に至るのか、これからの展開が、と~っても楽しみですっ!!!

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

はじめまして!また、遊びに来ますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuttarispace.blog45.fc2.com/tb.php/82-baa866ab

ロミオ×ジュリエット 19話「継承」

=== 革命が起こる! ===ロミオと再会したジュリエットはラブラブパワ~を補充~'''そして演劇による洗脳も開始wwww'''{{{赤い風というシンボルを掲げる事で簡単に釣れる民衆~}}}おいおいこんな安っぽい展開で良いんかいwってか肝心の千

ロミオ×ジュリエット 。。。。 第19幕 継承 ~我こそは~

赤い旋風 が 戻ってきた!赤い旋風 が 炎に消えて以来、活劇としての魅力に欠けたと思っていた視聴者の皆さん、ここに復活です。それも 正統なる血筋を踏まえての。忍耐編とも言うべき 中間の折り返しが 少々長かったので 人によってはGONZOの悪い癖である中弛み が....
  • [2007/08/26 20:16]
  • URL |
  • 幻影現実 私的工廠 ブログ |
  • TOP ▲

ロミオxジュリエット #19 「継承~我こそは~」

フランシスコにチェックメイトされ隊☆・・・すみません、全く意味不明ですね(汗;)とりあえず言いたいことは…フランシスコがカッコ良かったということでして。 ↓ ↓
  • [2007/08/26 20:18]
  • URL |
  • マンガに恋する女の ゆるゆるライフ |
  • TOP ▲

ロミオ×ジュリエット (第19幕  継承 ~我こそは~)

ロミオ×ジュリエット –?-ロミオ×ジュリエット -II-ロミオ×ジュリエット -III-きみの唇は変わらないよって、もう! (///∇//)ノシ☆あま~いアバンタイトルでした。  初見では観てるこっちが恥ずかしくて直視できませんでした。(笑)ま、幸せな姿を見るのはいい
  • [2007/08/26 20:21]
  • URL |
  • ハリネズミのちょびっとMemo |
  • TOP ▲

ロミオ×ジュリエット Episode19「継承~我こそは~」

<あらすじ>ようやく再会を果たしたロミオとジュリエット。新しい土地に、信頼できる仲間…「皆が仲良く暮らせる世界」を、小さいながらも実現しつつあるロミオを逞しく思うジュリエット。
  • [2007/08/26 20:26]
  • URL |
  • エンドレス・ナイトロード |
  • TOP ▲

「ロミオ×ジュリエット」#19【継承】革命です。

ロミオは風を吹かせた。モンタギューの息子としてではなく、ロミオとして。畑の広さはまだ十分ではないけれど、もっと広げ、いつか皆の家族も一緒にここで暮らせるように。そんな彼の手が逞しくなったとジュリエットが微笑む。「君の唇は変わらないよ」おや、ロミオってば、

ロミオ×ジュリエット #19

自分たちの村という新しい風を吹かせたロミオ。そんなロミオの姿を見て、ジュリエットも新たなる風を吹かせる決意をするのでした。アバンは、またしてもラブラブなロミオとジュリエッ...
  • [2007/08/26 20:57]
  • URL |
  • 日々の記録 on fc2 |
  • TOP ▲

ロミオ×ジュリエット 19話『継承~我こそは~』

ロミオが興した村で束の間の二人の時間を楽しむロミオとジュリエット。なんだかロミオが恐ろしく甘い台詞を言ってたような気がします(笑)。ジュリエットはロミオが新しい風を起こしたのを見て、自分のできる事を
  • [2007/08/26 21:19]
  • URL |
  • Girlish Flower |
  • TOP ▲

『ロミオ×ジュリエット』#19「継承~我こそは~」

「ロミオは風を吹かせたのね」土地を耕し、みんなの希望となっていたロミオ。「なんだかたくましくなった、ロミオの手」鉱山や畑仕事で見かけは分からないけどたくましくなったロミオちゃん。「君の唇は変わらないよ
  • [2007/08/26 22:54]
  • URL |
  • ジャスタウェイの日記☆ |
  • TOP ▲

ロミオ×ジュリエット 第19話 継承~我こそは~

ロミオ「君の唇は変わらないよ」 あまーーーーーい(*´д`*)

タイタス

タイタス2000年11月25日 | 上映時間 = 162分| 製作国 = アメリカ| 言語 = 英語| 制作費 = | 興行収入 = | 前作 = | 次作 = | allcinema_id = 161486| kinejun_id =| amg_id =| imdb_id = 0120866}}タイタス(Titus)は1999年制作のアメリカ映画。シェイク
  • [2007/09/15 11:21]
  • URL |
  • らんの部屋 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。