スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『地獄少女 二籠』 閻魔あい 

閻魔あい

『地獄少女 二籠』の閻魔あいです。
イメージは、あいの暮らす隠れ家(・・・と呼んで良いのかな??例の、常に真っ赤な夕暮れ時の世界です)。
地獄少女の醸し出す、妖艶且つ底知れぬ恐ろしさを前面に出してみたのですが、どうでしょう。
個人的には、何だか見てるだけで呪われそうな気分になって来る・・・(´▽`;)

閻魔あいは、普段は大人しく目立たない女の子。
が、出番がやって来れば、【地獄少女】に変身し、相手を【地獄流し】にする役目を負う。
普段は主にセーラー服で、地獄少女の時は着物姿に変身する。

深夜0時にのみアクセスする事が可能な【地獄通信】。
ここに晴らせぬ怨みを書き込むと、地獄少女が現れて、憎い相手を地獄に堕としてくれるのだと言う・・・。
最初は、子供達の間で広がった都市伝説の様な噂だったが、実は本当の事だったのだ。
少女の名前は【閻魔あい】。
だが、そこには決して伝説上では語られていない、地獄少女との特別な契約が存在していたのである・・・。

ここで地獄少女の仲間達を紹介。
◎【一目蓮】ルックスはかなりのイケメン男性。隠された後頭部の瞳から、どんな場所でも覗き見る事が出来る。
◎【骨女】その身は既に白骨化しているが、普段は美女の姿。色っぽいフェロモンで、男を誘惑する。
◎【輪入道】普段はお爺さんの姿だが、実は車輪の形をした妖怪。時には空駆ける地獄少女の乗り物となる。
◎【きくり】『二籠』から登場。深紫の着物を身に纏う幼女。その正体は謎に包まれている。

≪“地獄流し”のフローチャート≫
◆依頼主による地獄通信への書き込み

◇地獄少女「呼んだ?」
※あいの隠れ家へ瞬時に移動
※仲間の化けた【紐付き藁人形】の受け渡し
「受取りなさい。あなたが本当に怨みを晴らしたいと思うなら、その赤い糸を解けば良い。私と正式に契約を交わした事になる。怨みの相手は速やかに地獄へ流されるわ。ただし、怨みを晴らしたら、あなた自身にも代償を支払ってもらう。人を呪わば穴二つ。契約を交わしたら、あなたの魂も地獄へ堕ちる。死んだ後の話だけど・・・」

◆依頼主が、藁人形を返還せず、その紐を解いた時点で契約が成立

◇藁人形「怨み、聞き届けたり」
※あいが禊の後、地獄少女へと変身、輪入道に乗って出動
※仲間達による、ターゲットへの復讐劇(これが毎回面白いんだよ~)
地獄少女「闇に惑いし哀れな影よ、人を傷つけ貶めて、罪に溺れし業の魂。いっぺん、死んでみる?」

◆鈴の音を切欠に、舟にて三途の川を渡るターゲット
※ここでも、しつこいまでの復讐が行われる事も・・・

◇地獄少女「この怨み、地獄へ流します」
※舟を進め、地獄の大鳥居を通過した時点で契約完了

◆依頼主の胸には、死後、地獄行きを約束された【地獄の印】が浮上

・・・と、こんなもんでしょか。
私だったら、自らも地獄に落ちると知った時点で、ソッコー契約破棄しちゃいそうなんですけど☆
まぁ、世の中には、それよりも深くおどろおどろしい怨念と言うものが数多く存在する・・・と、そういう事なのでしょう・・・。

嘗て、あいは人間として、貧しき農村に生を受けた。
が、五穀豊穣を願う山神様の贄として差し出される事が決定。
その後、秘密裏に好意を寄せる従兄から食料等を与えられ、祠の中で6年もの間生き延びた。
ある日、村の者に見つかってしまったあいは、再び贄として、今度は生き埋めにされる事となってしまう。
村の者から責め立てられた従兄は自らの手で、あいに土をかける。
その、信じ難き光景を目の当たりにしたあいの瞳から流れるは、赤い赤い血の涙。
「私を護るって、信じてたのに・・・信じてたのに・・・!!」
「怨んでやる。お前達みんな、死んでも、怨んでやる・・・!!!」

・・・そして、あいは土中から甦った。
村に火を放ち、軽やかに踊り舞う彼女の瞳からは、足元まで伝う鮮血の涙。
「お前は己の怨みを解き放ち、新たな怨みを生み出した。その罪は重い。お前が地獄へ降る事は許されぬ。現世に留まり己の罪を身を持って知るが良い。もし抗えば、愛する者達の魂は永遠に彷徨う事になるだろう・・・」
そう語り掛けるは、地獄の王であろう者の声。
こうして地獄少女は、誕生したのである・・・。

『二籠』ラスト、罪の無い少年を地獄に流せなかったあいは、生身の人間として、現世に放り出される。
その身に一気に押し寄せる、400年もの歳月。
記憶を無くし、ボロボロになり、それでも雪の中を歩き続けたあい。
そして、少年を救ったは良いが、街の者達に後頭部を殴打され、、遂に力尽きてしまうのでした。
結局、きくりの正体は、地獄の王の媒体となるものであった。
そして、あいの死後、チームは各々解散。
しかし、何故だろう・・・。
悲しいラストのはずなのに、最後は異様に清々しく感じてしまったんですよね。
これで、あいはその悲しき運命から解放されたのだと・・・・・そう思えたからかもしれません。

第1期&第2期と、1年という長期に渡り続いたこのシリーズ。
単発メインでありながら、ここまでの人気を保持する事が出来たのは、話の中核が“現代社会の中に潜む闇”であったからの様に思える。
人として生まれついたからには、人への怨みを持つのはごく当たり前の事。
誰もが共感を覚えたであろう、作中で語られた、幾多ものどす黒き感情・・・。

最終ED後に登場した、モバイル版“地獄通信”。
あいはもういない。
だが、確かに地獄少女は存在するのだ。
恐らくは、あいと同じく哀しき運命の下に生まれついた者が、その後を引き継いだのであろう・・・。
私はこう思う。
この世に人というものが存在する限り、表裏一体、地獄少女もまたイモータル的に存在し続けるのであろう・・・と。

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト

コメント

イラストが良いです。他、輪入道・・
骨女、一目連、ちくりもあれば良いのですが・・今後の活躍期待しますよ。
原作も買って、BOOK・offで売ってますが・(笑)

もちろん、読んでますよ。

はじめまして。

深遠の巫女さん、コメントありがとうございます。

>他、輪入道・・骨女、一目連、きくりもあれば良いのですが

あはは・・・頑張って全員描こうとも考えたのですが、なかなか時間が取れなくて・・・(´▽`;)

>原作も買って、BOOK・offで売ってますが・(笑)

実は私は原作を読んでいません。
アニメは第1期・第2期シリーズ共に全て視聴したんですけどね♪
・・・と言う訳で、次回ブックオフに立ち寄った際には、ぜひとも『地獄少女』の原作購入に踏み切りたいと思っております(*´∀`*)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuttarispace.blog45.fc2.com/tb.php/72-56c02a8a

地獄少女 二籠 第26話「あいぞめ」(最終回)

★感想・第26話 閻魔あいをそめるもの、そめたもの
  • [2007/06/03 19:09]
  • URL |
  • テトレト空想我学 |
  • TOP ▲

地獄少女 二籠 第二十六話 「あいぞめ」

 何も悪いことはしていなかった。 ただ、周りが勝手に悪しきものと決め付けた。 私はなぜこんな扱いを受けるのか。 選択肢は示されない。 あの時も、今この時も。 私はなぜこんな行いをしているのか。 全ては、全ての始まりに――。
  • [2007/06/03 19:31]
  • URL |
  • 月の静寂、星の歌 |
  • TOP ▲

地獄少女 二籠 第26話「あいぞめ」(最終回)

毎回、輪入道は「ハゲ」ではなくて「坊主」だと一人で突っ込みを入れていたんだけど、そんなきくりの仲に蜘蛛がいたとは、随分茶目っ気のあることしてくれますね。展開的には、完全無実+いいように利用されてしまった拓真に、昔の自分を重ねたあいちゃんが、自分と同じ....
  • [2007/06/03 19:50]
  • URL |
  • パプリカさん家のアニメ亭 |
  • TOP ▲

地獄少女 二籠 26話「あいぞめ」(最終回)

とうとう蛍が、地獄通信に拓真の名を書いてしまった。拓真が居なくなれば、恨みの連鎖は止まる――と言う蛍は、躊躇わずにワラ人形の糸を解いちゃった。あいは地獄少女として、拓真を地獄へ連れて行こうとしてる。だ
  • [2007/06/03 22:06]
  • URL |
  • * Happy Music * |
  • TOP ▲

地獄少女 二籠 #26あいぞめ(終)

拓真が地獄に流しても代理の「悪魔」として違う誰かが祭り上げられる可能性があるってことを少し考えたらわかるはずなんだけど、蛍はもうテンパってますね。あいの説明も聴かないくらいだし。 あいに助けられたとはいえ地獄通信の送信ボタンを押した蛍を拓真はよく許せたよ
  • [2007/06/03 22:37]
  • URL |
  • うつわの器 |
  • TOP ▲

地獄少女 二籠 26(最終)話

地獄少女 二籠の26話、最終回です。あいは地獄少女としての役割を終えました。地獄少女シリーズの完結でしょうか!?
  • [2007/06/03 23:47]
  • URL |
  • ホビーに萌える魂 |
  • TOP ▲

地獄少女 二籠 最終話感想 『あいぞめ』

果てぬ川に手を挿し流そう  想い詰めた言の葉 藍に染めて       400年の歳月を経てあいは「あい」に還った。『あいぞめ』とはこの事か。最終話感想。          ◆◆きくりの正体◆◆こう
  • [2007/06/03 23:50]
  • URL |
  • とことん青春!~二籠に魅せられて・・・☆ |
  • TOP ▲

地獄少女 二籠 第二十六話「あいぞめ」

ここのところ、地獄流しの乱発で、あいの口上をちゃんと聞かない連中が多かったんです。そして最終回……「あなたが本当に恨みを晴らしたいと思うなら……」「聞かなくてもわかってる!」(最終回ぐらいちゃんと言わせてくれても良いものを……)あいがそう思ったかどうかは
  • [2007/06/04 00:05]
  • URL |
  • 交響曲第758番「快速特急アキバ行」 |
  • TOP ▲

地獄少女 二籠 第26話【最終回】

『あいぞめ』私は閻魔あい・・・最終回よ。アナタが本当に怨みを晴らしたいと思うなら・・・「聞かなくてもわかってる!」聞きなさい。アナタが本当に・・・。・・・この赤い糸を解けばいい。怨みの相手は速やかに地獄
  • [2007/06/04 02:18]
  • URL |
  • ACGギリギリ雑記 |
  • TOP ▲

アニメ地獄少女二籠(ふたこもり)第二十\六話「あいぞめ」

アニメ地獄少女最終回です。感想、とびとびになってますが、あとで埋めます~。書いてはあるんで。19~23と25ですね。拓真が、閻魔あいちゃんの所に…。あいちゃんに睨まれて一目連が藁人形に。さすが御嬢、3藁の中で最も御嬢に弱そうなのを御
  • [2007/06/04 19:30]
  • URL |
  • kasumidokiの日記 |
  • TOP ▲

地獄少女 二籠 (26)

[アニメ 地獄少女 二籠 第二十六話「あいぞめ」<最終話>]悪魔の子と呼ばれた少年の周りで人が消えていく。彼は何もしていないのに。本当は周りの人間が地獄通信を使っていただけ。その全ての原因を拓真のせいにし
  • [2007/06/05 20:28]
  • URL |
  • 王様の耳はロバの耳 [beta3] |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。