スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『少年陰陽師』 紅蓮 

紅蓮

『少年陰陽師』の紅蓮です。
いやぁ~、まさか昌浩と紅蓮の関係が、最終的にあの様な事になってしまうとは・・・。
予想以上に悲しい結末となってしまい、本当に衝撃的でした。
今回は、昌浩の記憶が、まだ抜け落ちてない頃の紅蓮を想い、多少温かみのある表情の彼を描いてみたのですが、う~ん・・・それでもやっぱ、悲しいよぉ~。・゚・(ノД`)・゚・。

紅蓮は【十二神将】の1人、【火将騰蛇(とうだ)】。
元々は、安倍晴明配下の式神だったが、本作品においては、四つ足の物の怪【もっくん】に変化し、昌浩の傍に付き従う。
可愛い顔をしながら、口は悪く、態度もデカいもっくん。
ピンチ時には、人型である紅蓮の姿に戻る事もあるが、その口調や態度の違いは余りにも激しく、正直、中身が同じとは到底思えない程( ̄∇ ̄;)

物語の舞台となるのは、平安の都。
そこには無数の【妖(あやかし)】が跋扈し、時には人間を喰らう事さえあるのだと言う。
そんな妖を退治出来るのは、式や呪いを扱う術士【陰陽師】。
13歳となった昌浩は、稀代の陰陽師【安倍晴明】の末の孫。
陰陽師としての資質は十分であるものの、未だ半人前な昌浩は、妖を見る力【見鬼】の才が無く、陰陽への道を諦めかけていた。
が、突然出会った四つ足の白い物の怪・もっくんを、自分の“眼”の代わりとして引き連れ、妖の調伏に向かうのだが・・・?!!

『少年陰陽師』の魅力の1つとして挙げられるのが、晴明や昌浩の傍に控え、彼らを守護する“十二神将”と呼ばれる存在。
とりあえず、メモ程度に彼ら12人の名前を羅列しておきます。
【紅蓮】【青龍】【玄武】【太陰】【勾陣】【太裳】
【天后】【白虎】【六合】【朱雀】【天一】【天空】
・・・うむ、こうして見ると、名前を記しただけで壮観に思えて来たり。
しかしながら、彼らの中でも、“太裳”“天后”“天空”の3人は、最後にちょぴっと出て来ただけなので、殆ど印象に残らなかったのですが・・・。
ちなみに、私が1番良いかも~・・・っと思ったのは“六合”かな(*´∀`*)
表面的には寡黙ながら、内には非常に熱い情感を秘めており、人である【風音】に対しての接し方は、見ていて心温まりました。
風音の最期、彼女を抱き締めながら、己の真実の名を語った六合。
本名は、“サイキ”と言う事ですが、未だに漢字が分からないままだゼ、ベイビ~っ★

最終第26話「焔の刃を研ぎ澄ませ」では、“神殺しの焔”をその身に宿し、朱雀の太刀にて、見事紅蓮を討ち果たした昌浩。
最初は、どうせ甘々な昌浩が紅蓮を殺すなんて事、出来るはずないや~・・・っと、思って見ていただけに、かなりショッキングな展開でした。
そして、昌浩は自分の命を代償に、今のままの紅蓮を甦らせて欲しいと願う。
・・・が、結果としては、昌浩は命を奪われる事無く、しかしながら、リバイバルした紅蓮には、昌浩達の記憶は微塵も残されていないとゆ~、喜ばしくも、哀しみに満ち満ちた〆にて終了。
ラスト、昌浩が彰子と蛍を見に行く約束を果たせた事は、唯一の救いではあったけど、その2人に付き従うもっくんには、もはや嘗ての記憶は無いという現実。
あぁ~、何て複雑な終わり方なんだ、少年陰陽師。
それでもまぁ、半年間楽しめたには違いないので、とりあえず感謝って事で・・・。゜(゚´Д`゚)゜。

気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト

コメント

絵、お上手ですね!

こんばんは。「怜奈の自己主張」の怜奈です!

わぁ~~い、紅蓮だぁ~~~(≧∇≦)キャー♪
絵がお上手なんですね!
しかも怜奈一押しの紅蓮ってだけで眼福モンですよ!
う~~ん・・・もしもお暇なら、ウチの小説の挿絵をお願いしたいくらいだなぁ~。現在、イラストレーターさんを募集中なんですよね~~ε=(。・д・。)フー
http://himegoto4649.blog73.fc2.com/blog-entry-273.html

あ、ちなみにりっくんの名は「彩輝」って書くんですよ(*^o^*)

こんばんは~。

怜奈さん、コメント&TBありがとうございます!!

>怜奈一押しの紅蓮ってだけで眼福モンですよ

紅蓮、格好良いですよね~。
六合も大好きなんですけど、やっぱルックス的には、紅蓮の方が、ちょこっとだけ上かな~・・・なんて、思ってみたり♪

>りっくんの名は「彩輝」って書くんですよ

おぉっ、情報提供ありがとうございます!!
アニメの中では音声のみの表現でしたので、どんな漢字を当てるのか、さっぱり分からなかったんですよね~( ̄∇ ̄;)

>ウチの小説の挿絵をお願いしたいくらいだなぁ~

怜奈さん、小説書いてるなんて、すごいっす!!
挿絵だなんて、現在の私のレベルでは、とてもとても・・・(´д`;)
でも、怜奈さんの小説、とても興味あるので、一度読んでみますねっ☆

本当は

 「彩」はいいのですが「輝」は火へんなんです。PCによって変換できない字なんです。私のPCもダメです。

 本当にイラストお上手です。原作はお読みでないようですが、実はアニメのそのあとのお話は原作第9巻なのですが、そのラスト、まさに海辺のシーンがありまして、そのシーンの紅蓮は・・・シチュエーションばっちりなんで、既読者さんだと勘違いしたほどです。

 私も上の怜奈さんのサイトはお邪魔したことがあります。丁寧な説明つきでおもしろいですよ。

どうも~っ。

ももちさん、コメントありがとうございますっ!!

>「彩」はいいのですが「輝」は火へんなんです

あら、そうなんですね。
「彩」で、良いのかな。
常用漢字以外の文字は、なかなか変換出来なくて、大変ですよね(´▽`;)

>そのラスト、まさに海辺のシーンがありまして、そのシーンの紅蓮は・・・シチュエーションばっちりなんで

おぉっ、何と!!
奇跡的に、9巻ラストにばっちりな背景を、選択出来てた訳ですねっΣ(゚Д゚;)!!
うわぁ~、何だかめちゃめちゃ気になる☆
小説、9巻だけでも読んでみようかな~。
途中から読んでも理解出来るような構成になってると、ありがたいんですが・・・( ̄∇ ̄;)

うわぁ、ホントだ!

いま見に来て、ちょっと冷や汗。
ももちさんに訂正していただいて良かった・・・。
そうそう「さいき」は「彩」なんですよね!
私の変換ミスです(^ω^;)
危うく間違った情報のまま素通りになるトコでしたよ、BLUEさんスイマセン! ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

☆ノープロブレムですよん☆

怜奈さん、再びコメントありがとうございます。

>危うく間違った情報のまま素通りになるトコでしたよ、BLUEさんスイマセン!

いえいえそんな、全然お気になさらないで下さいΣ(゚Д゚;)
私的には、このページに来て頂けただけでも、感謝感激ものなのですから♪

これからは、怜奈さんのページへも、小説を読みに頻繁に訪問させて頂きたく思っておりますので、こちらこそ、今後ともどうぞ宜しくお願い致しまっす(*´∀`*)ノ

再びお邪魔致します。

 原作9巻は天狐編の1巻にあたる「真紅の空を翔けあがれ」といいます。そこから読んでも充分わかりますよ、アニメの最終回をご覧なら・・・。

 悲しい終わり方だったので、モヤモヤされてる方が他にもたくさんいらっしゃるようですが、この1冊読んだら、一応昌浩と紅蓮の関係についてはそれが解消されますので、機会がありましたらチラッと覗いてみてください。

こんばんは~。

ももちさん、再びコメントありがとうございます!!

>悲しい終わり方だったので、モヤモヤされてる方が他にもたくさんいらっしゃるようですが

はい。
まさにモヤモヤ状態なのですよ~。
一応、昌浩も紅蓮も、お互い命に別状は無かったものの、あの様な結末では、納得出来んと言うか、悲し過ぎると言うか・・・。
人を殺めた代償として、記憶を無くしてしまった紅蓮。
しかしながら、よくよく考え直してみると、その様な罪の贖わせ方って、少々奇怪しいんじゃないかな~・・・と、思えて来たりする訳ですよ☆
あぁ~、いかん。
さらに、モヤモヤして来た・・・(´д`;)

第9巻のタイトルは、「真紅の空を翔けあがれ」と言うんですね。
一度、本屋さんに立ち寄って、チラッと覗いて来ます。

御親身なる回答コメント、本当にどうもありがとうございました♪

最高

紅蓮最高!特に「人間はもろいな」
しびれる~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuttarispace.blog45.fc2.com/tb.php/65-837f5769

少年陰陽師 第26話「焔の刃を研ぎ澄ませ」(最終回)

結局この作品、強いのは女性陣でしたか…。現実じゃあ、青龍よりも勾陣の方が状況をよく見てたし、三途の川では、生きてる爺様より、岸で爺様を待ってる婆様の方が霊力高そうだし、とどめは、置いていっても追いかけてくる彰子の心ですかね!!(オヤジかお前は!!)と....
  • [2007/04/08 18:34]
  • URL |
  • パプリカさん家のアニメ亭 |
  • TOP ▲

少年陰陽師・第26話

「焔の刃を研ぎ澄ませ」 黄泉への扉を開かせないため、紅蓮の前に現れた青龍。紅蓮を
  • [2007/04/08 19:09]
  • URL |
  • たこの感想文 |
  • TOP ▲

少年陰陽師 第26話「焔の刃を研ぎ澄ませ」

ず~~っと観続けていた少年陰陽師も・・・とうとう最終回ですねぇ。めでたく十二神将最後の3人も登場して、ますます7月19日発売(春から夏へ延期されたようで・・・参照「狭霧殿」)予定なゲームが楽しみに(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ
  • [2007/04/08 19:24]
  • URL |
  • 怜奈の自己主張 |
  • TOP ▲

少年陰陽師 4月01日付 第26回「焔の刃を研ぎ澄ませ」

少年陰陽師 4月01日付 第26回「焔の刃を研ぎ澄ませ」今回は遂に最終回である。昌浩が紅蓮を止めるために、そして、助けるためにした選択が明らかになる。そして、昌浩が人知を、いや、神の思考すら超えた奇跡を起
  • [2007/04/08 19:26]
  • URL |
  • The 23rd Legion Daily Report/第23軍日常報告 |
  • TOP ▲

『少年陰陽師』#26・最終回「焔の刃を研ぎ澄ませ」(3/31)感想

昌浩、えらかったね。よくがんばったね。『少年陰陽師』は今期単発アニメの中では私のベストでした。記事を読んでくださった皆様、TB、コメントを下さった皆様、ありがとうございました。特に先行放映のブロガーの皆様、感想記事をいつも楽しみにしていました。本当にあり..
  • [2007/04/08 20:42]
  • URL |
  • よろず屋の猫 |
  • TOP ▲

少年陰陽師 第26話 「焔の刃をを研ぎ澄ませ」

あしきゆめ・・・いくたびみても身に負わじ・・・
  • [2007/04/08 20:44]
  • URL |
  • Ηаpу☆Μаtё |
  • TOP ▲

少年陰陽師 最終話 『焔の刃を研ぎ澄ませ』

ついに最終話な少年陰陽師です最終話に相応しく、熱くそして切ないお話でした。ラストは窮奇編/風音編 完としか書いてなかったから、これは二期を希望しててもいいという事ですよね?ていうか、やってくれ~焦らしに焦らされた昌浩VS紅蓮がいきなり...
  • [2007/04/08 20:59]
  • URL |
  • よせあつめ離島 |
  • TOP ▲

少年陰陽師 最終話「焔の刃を研ぎ澄ませ」(とりあえず感想)

とりあえず感想です。青龍が素直に昌浩についたのはやっぱり騰蛇を自らの手で倒すため!大鎌を振り上げ向かいます。が、昌浩を見届けよと勾陳に止められました。勾陳は冷静です。騰蛇の放った今にも地獄の業火に焼きつくされそうになっていた道返しの守護妖を守るように間..
  • [2007/04/08 23:13]
  • URL |
  • からまつそう |
  • TOP ▲

少年陰陽師 #26 [最終回] 「焔の刃を研ぎ澄ませ」

ウワァァ━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━ン!!涙と鼻水でティッシュがなくなりました(_ _|||)。。。 ↓ ↓
  • [2007/04/08 23:50]
  • URL |
  • マンガに恋する女の ゆるゆるライフ |
  • TOP ▲

少年陰陽師 26話 『焔の刃を研ぎ澄ませ』

         .。::+。゚:゜゚。・::。.        .。::・。゚:゜゚。*::。.      .。:*:゚:。:+゚*:゚。:+。・::。゚+:。   。:*゚。::・。*:。゚:+゚*:。:゚:+:。.ウェ━.:・゚:。:*゚:+゚・。*:゚━━━━゚(ノД`)゚
  • [2007/04/09 00:42]
  • URL |
  • 欲望の赴くままに…。 |
  • TOP ▲

アニメ『少年陰陽師』#26(最終回)

== *第26話「焔の刃を研ぎ澄ませ」 ==||<#ffffff' style=' width:585;height:50;font:bold 25;color:red;text-align:center;font-family:MS明朝; ``天空・天后・太裳が登場!?いよいよ最終回☆||とうとう紅蓮を倒すべく、昌浩が朱雀の太刀を手に取りました!
  • [2007/04/09 10:37]
  • URL |
  • ジャスタウェイの日記 |
  • TOP ▲

少年陰陽師 最終話

最終話「焔の刃を研ぎ澄ませ」 最終回です!! 涙が!!(泣) もう紅蓮に守護妖が倒されてしまうか、というところに 青龍と勾陣が追いつきました! 「この手で葬ってやる!」と紅蓮に攻撃する青龍を勾陣が抑えます。 そこへ昌浩が… 引きずっちゃてるじゃん…!と思った
  • [2007/04/09 21:24]
  • URL |
  • 日々の煩悩 |
  • TOP ▲

少年陰陽師   第26話  「焔の刃を研ぎ澄ませ」

南無大師遍照金剛!!。 (写真は高野山の萬日大師)ああ、お大師さま。どうか彼らの今までの想い出を全てとり戻して…。第1話からずーっと見てきた紅蓮と昌浩の関係を…。…、詮無いことですが。(それでも御宝号念誦)最初見始めた時に全く想像だにしなかった悲しい結末
  • [2007/04/15 22:49]
  • URL |
  • 神奈川辺境交通(かなへん) |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。