スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鉄腕バーディーDECODE』 バーディー・シフォン=アルティラ 

バーディー

『鉄腕バーディーDECODE』のバーディーです。
タイトルからも容易に想像出来る様に、アクション系美少女の極致キャラであるバーディー。
一見露出度多し?!・・・と思いきや、実はそうでもないパステル系統のスーツを身に纏った、逞しい女性である(〃´ x ` 〃)
個人的には、ストーリー内でもよく使用される、跳躍力増幅装置(?)みたいな激走ブーツが、めっさ格好良いと思うのですが、皆さんはどう感じているんでしょう~。

バーディーは【狂戦士(バーサーカー)殺し】の2つ名を持つ宇宙連邦捜査官。
姿は地球人そっくりだが、地球人を遥かに上回る身体能力を誇り、また、銃で撃たれても平気という強靭な肉体を持つ。
ピュアで正義感が強く、自分の思いに真っ直ぐに行動するために、窮地に陥る事もしばしば。
純情熱血ストレートなヒロインである。
地球では、とある職業に就きながら捜査を進めている。

嘗て、惑星を消滅させた程の強大な力を秘めていると言われる【リュンカ】。
そのリュンカを持ち去った逃亡犯を追って地球にやって来た宇宙連邦捜査官、バーディー・シフォン=アルティラは、捜査の途上で誤って地球の高校生【千川つとむ】を殺してしまう。
破壊してしまったつとむの肉体が修復するまでの間、彼女は自らの体につとむの記憶と心を宿した。
こうして2人は時につとむとして高校生の日常を送り、そして、時にバーディーとして任務を遂行する“二心同体”の生活をする事に・・・。
リュンカの大いなる力を巡り、宇宙側と地球側、双方の思惑が交錯し、物語は大きな渦を作って行く。
リュンカを追うバーディーとつとむは、捜査を進める内に、想像だにしていなかった巨大な流れと向き合う事になるが・・・・・。

第12話「DOOMS DAY」では、プレイメイカー・インダストリアル社(PM社)の社長【サタジット=シャマラン】の実験により、ついに【中杉小夜香】の内部で覚醒を果たすリュンカ。
不浄のエネルギーにより、次々と奪われ行く周囲の生命。
そして、その蒼白き光は、シャマランの命をも蝕んだ。

電波を通し、シャマランにより語られるジェノサイド。
が、それは彼自身による只の独走であり、その実は、アルタ人【カペラ・テティス】の主君による、悪逆無道な陰謀が隠されていた。
リュンカを態と盗ませ、他人に実験させれば、問われる責任は軽いものとなる。
自分で実験すれば連邦反逆罪だが、警備の不手際なら、ただの失態だと主張する事が出来る。
そう、詰まりは、地球はリュンカのための“壮大な実験場”とされたのだ・・・。

最終第13話「Stand by Me」では、リュンカを小夜香から切り離すため、必死に奔走するバーディー&つとむ。
リュンカの望みは、“自分を目覚めさせた知的生命体の消滅と宇宙の完全なる静寂”だった。

目障りな2人を倒すため、その真の姿を現出させたリュンカ。
それは金色に輝く4本足の生命体≪※個人的には、4本足の輪っかに角笛が刺さっている様に見えるヾ(・ω´・。)≫で・・・。

つとむの姿を発見し、疎らながらに自我を取り戻す小夜香。
そんな彼女を抱き締め、つとむは叫ぶ。
「小夜香・・・リュンカ、オレが一緒に居てやるよ。だから、小夜香から出て行け!!」
こうして、小夜香から口移しでつとむに宿ったリュンカは、バーディーにより、つとむの身体ごと破壊、そして封印されたのでした。

その後、リュンカに寄生されて以降の記憶を無くした小夜香は海外に留学、つとむは壊された身体の修復が終了するまで、再びバーディーの身体で同居する事となったのでした・・・☆

ラストは、バーディーを蔭から見つめる怪しい女性。
「面白そうな子ね。バーディー・シフォン・・・」

さて、2009年2月から第2期『鉄腕バーディーDECODE:02』がスタートし、新キャラとして登場したアルタ人且つバーディーの幼馴染である【ナタル】の動向が非常に気になるところ。
表の顔は理学療法士【神明那多流】、だが、裏の顔は・・・。
第2話「Simple Twist of Fate」では、早速怪し気な力を発動してましたからね~。
あの能力は、やはり“リュンカ”に起因するものなのかな。
これからの展開が非常に気になりまっすo(´∇`*o)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。