スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『神曲奏界ポリフォニカ(polyphonica)』 コーティカルテ・アパ・ラグランジェス 

コーティカルテ

『神曲奏界ポリフォニカ』のコーティカルテです。
本来の姿か少女の姿、どちらを描くか、と~っても迷ったのですが、結局少女Ver.に落ち着きました。
やっぱ“コーティ”と言ったら、こちらでしょう♪
アニメ本編中でも、その殆どが少女の姿でしたしね。

コーティカルテは、主人公【タタラ・フォロン】の契約精霊。
普段は少女の姿をしているが、フォロンの神曲が奏でられると強力無比な力を持つ本来の姿(成人体型)に変身する。
勝手気ままで尊大な性格だが、フォロンにだけは脆い一面を見せる事も・・・。

“彼女は可憐で。勝手気ままで。
全く容赦が無い。
お前を私だけのものにしたい!”

・・・と言うフレーズはCM等でもご存知の通り☆

物語の舞台となるのは、“精霊”と“人”の共存する世界。
人々は精霊の起こす奇跡に頼り、精霊は人の奏でる音楽を糧としてこの世界に顕在する。
精霊は音楽家の奏でる音楽に操られ、その力を発揮する。
特殊な音楽を奏でる彼らは【神曲楽士(ダンティスト)】と呼ばれ、数々の尊敬を集めていた。
普段は姿を現さない精霊達であるが、一部の力有る精霊は人や動物等の姿へと実体化し、人類の『良き隣』として社会生活を送っていた。
この作品は、人と精霊が暮らす大陸【ポリフォニカ(polyphonica)】にて、精霊コーティカルテと新米神曲楽士フォロンの恋と成長が描かれる物語である・・・。

第11話「レクイエム 歌う精霊」&最終第12話「シンフォニー 虹の神曲」では、精霊と人の共存する社会、その在り方を締め括るに相応しいお話が描かれました。
フォロン&コーティカルテが訪れたのは、名高き天才技術者【テラト・テルミン】の研究所。
彼と【精霊クリスタ】の夢は、神曲楽士を必要としない、完全自動で神曲を奏でる単身楽団【カウンターフィット・レインボウ(偽物の虹)】の発明であった。
が、その理想はテルミンの不慮の事故により突如崩壊、残されたクリスタは、カウンターフィット・レインボウを片手に、単身にて神曲を奏で続けるのであった・・・。
その歌声は、“神の歌”と呼ぶに値する、濁り無き透き通った七色のソプラノ。
だが、その美しいヴォイスは、己の身を削って紡がれしもの。
結果、クリスタの身体は次第に衰弱して行った・・・。

通称【精霊爆弾】・・・それは、精霊の性質を利用した、都市攻略用の軍用兵器。
契約楽士と引き離された精霊が、神曲を得られない状態で封じ込められ、臨界に達したところで大爆発を引き起こす。
セッテイング時のミス操作により、街に放たれた暴走状態の精霊。
すると、彼女に共鳴した2枚羽根の精霊達も錯乱し始め、街は停電と火事で大混乱。

暴走精霊を静めるため、クリスタの歌声とハーモナイズするフォロンの神曲。
それは、素晴らしい音色となって街中に響き渡り、精霊、人間、その各々が、各々の気持ちにて、自らの音を重ねて行った・・・。
精霊騒動が沈着した後、人々から歓声を浴びるクリスタ一行。

『本当に録音された音楽が素晴らしいものだったら、それを聞いた人達の感動と言う感情の共鳴は、きっと本物だと思うんだ。だから、もしもこのカウンターフィット・レインボウの曲を聞いて、同じ想いを抱いてくれた人達が、一斉に拍手を、そう、ただ拍手をしてくれれば、1つ1つのエネルギーは小さいかもしれないけれど、それもきっと1つの神曲なんじゃないかって思うんだ・・・』
記録媒体に残されていたのは、テルミンの心からの神曲に対する想いだった・・・。

人間と精霊。
それは、所詮違う存在。
しかし、だからこそ分かり合おうとする事に意味がある・・・。

この作品の原作はライトノベルとなりますが、これ程映像化するに適した作品は、他に類を見ません。
精霊の美しい歌声、楽士の奏でる優雅な神曲、そのどれもが実際のサウンドに変換される事によって、生き生きとした様相を醸し出す。
彼等の音楽は、真に迫る音色となって、確実且つ重厚に私の胸に響いて来たのです。

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト

『ウエルベールの物語~Sisters of Wellber~』 リタ・シオール&シェリー 

リタ&シェリー

『ウエルベールの物語』のリタ&シェリーです。
リタ姫はともかく、身体の小さな妖精をイラストにするのは初めての機会でしたので、不安ながらも新鮮な気持ちで描く事が出来ました♪
髪が全て縦ロールされてるってのも、不安要素の一因でしたね~(;´▽`A``

リタは、【ウエルベール国】の王女。
政略結婚相手の【サンガトラス国】王子を刺し、逃亡を試みる。
王女様であるが故、世間知らずな一面も持ち合わせるが、護身術の腕だけは確かなものである。

シェリーは、女盗賊【ティナ】と行動を共にしている妖精。
少々生意気だが、何かとティナ&リタの助けとなってくれる存在。
緊急逃亡時には、女性1人を軽々と持ち上げながら宙を舞う事も可能。

10年前の大戦後、ウエルベール国は辛うじて平和を保っていたが、隣国であるサンガトラス国により、いつ戦争が勃発するか分からない、緊迫した状態が続いていた。
そんな中、ウエルベールの【ハイデル王】は戦争を回避するべく、娘のリタ王女を、サンガトラスの【ゲルニア王子】の元へ嫁がせようとした。
しかし、リタは政略結婚相手のゲルニアを刺して逃亡。
それに激怒したサンガトラスの【ランバノフ王】は、リタを14日以内に捕らえて公開処刑にせねば、戦争も辞さないと主張。
戦争という最悪の事態を回避するため、リタは中立国である【グリーダム国】へ行く事を決意する。
一方、女盗賊のティナは財宝目当てにウエルベール城へ忍び込むが、そこでリタがゲルニア刺す現場を目撃してしまう。
それは、偶然か、必然か・・・。
彼女の捜し求めていた、両親の敵である【死神蜂の男】。
その形跡もグリーダムに存在するという情報を知り、リタの護衛役として、共にグリーダムを目指す事となる。
互いに運命と宿命を背負い、2人は出会い、別れ、そして旅立つ。
その先に待っているのは、“戦争or平和”か、或いは、“復讐or死”か・・・??!

第6話「真実の章」では、ゲルニアの側近【ガラハド】とリタの間で、ついに“あの夜”の真実が明らかとなる。
近頃、サンガトラス国内で次々と起こる、連続婦女殺人事件。
それは、うら若き女性達の突然の失踪、やがては目を潰された惨たらしい姿となって発見されるという、何とも冷酷非道な手口によるもの。
10人目の犠牲者は、リタ姫に決めていたと語るゲルニア王子。
だが、善良な王子が殺人鬼であるなど、信じる事は出来ないと返すガラハド。
“表の顔”と“裏の顔”を巧みに使い分ける王子の真相とは、果たして如何なるものなのか・・・。

最終第13話「血戦の章」では、ゲルニアがその病んだ心の内を、リタ姫に打ち明ける。
澄んだ蒼い眼は王子の心を掻き乱す。
蒼き瞳を持つゲルニアの母は、不倫現場を我が子に目撃されてしまい、その瞳に映し出された感情は、驚きと焦りと焦燥に満ちていた。
決して母上を許す事が出来なかった王子。
その後、行き場を失った母は、崖の上から投身自殺。
それら一件が、王子の心を完全に狂わせる要因となってしまったのだ・・・。

ラスト、ガラハドに致命傷を負わされたゲルニアは、炎の中で息絶えた。
ティータイム宛らの優雅な最期ではありましたが、う~ん、何だかちょっぴり可哀想だったかな・・・。

そしてエピローグ。
ゲルニアの死により、両国の間は更に不安定な状態に★
グリーダム立ち合いの休戦協定なんてのは、気休めみたいなものでしょう。
リタの兄【ローデン】の、何かありそうな過去、そして、ティナの追う“死神蜂の男”は、一体どうなっちまったんですかぁ~??!
・・・と言う感じでしたが、ED後、“第2期の制作が決定!!”・・・と、突然の発表には、そりゃ~もう、とんでもなく驚きましたって!!!
これは、もう視聴するしかないですなっっ(≧▽≦)ノ

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ

『DARKER THAN BLACK(ダーカー・ザン・ブラック) 黒の契約者』 銀(イン)&猫(マオ) 

銀&猫

『DARKER THAN BLACK 黒の契約者』より銀(イン)&猫(マオ)です。
実際に描いてペイントしてから気付いたのですが、ダーク系のコスを身に纏った人物に黒猫を抱かせるのは、あまり良くないな~・・・と。
何だか、体色の黒が、周囲のカラーと同調し、保護色化しちゃってます。
えっ、猫(マオ)ってば、何処にいるの?!!・・・みたいな(;´▽`A``

銀(イン)は、盲目の美少女。
“契約者”の中でも、【ドール】と呼ばれる存在であり、 一切の感情を持ち合わせない。

猫(マオ)は、特殊な力を持つ“契約者”。
以前、 能力で黒猫に憑依している間に、本来の肉体を失ってしまったらしい。
現在は、無線ネットワークでサーバーに直結する事で、脳のキャパ不足分を補っている。

解析不可能な異常領域【地獄門(ヘルズ・ゲート)】の出現により、“本当の空” を失ってしまった東京。
それと呼応する様に現れたのは、特別な能力を身に付けた者達だった。
能力を得る代償として、人間らしい感情が希薄になり、人を殺める事さえ冷徹に行う彼らを、人々は畏怖を込め、【契約者】と呼んだ。
一見いつもと変わらない東京の風景。
しかしその裏では、ゲートに秘められた謎を巡り、各国の諜報機関は契約者を利用して、熾烈な諜報活動を繰り広げている。
各々の諜報機関が送り出す、予測不可能な能力を持った、敵契約者達との闘い。
そして、契約者による事件を追う【公安部外事四課】等も絡みあい、『ゲート』を巡る争いは、日々激しさを増してゆく・・・。

ここで、我らがヒロイン・銀(イン)の所属するチームのメンバー達を紹介。
◎【黒(ヘイ)】…『組織』からの命を受け、任務をダイレクトに遂行する有能な契約者
◎【銀(イン)】…ドール特有の“観測霊”を操り、主にチームのサポート役を担う
◎【黄(ホァン)】…『組織』とのパイプ役のみならず、チームの監視役をも引き受ける
◎【猫(マオ)】…猫の姿である事を生かし、主にチームの情報収集役を務める

第7&8話「五月雨にクチナシは香りを放ち」では、ついに人語を解す不思議な存在・猫(マオ)の正体が明らかにされました。
彼の正体は、憑依タイプの契約者。
元々は人間であったものが、他のものに憑依している間に、本来の身体を失ってしまったのだと言う。
よって、猫に留まる事と相成った訳ですが・・・。
自分の身体を失いし者の立場が、どれ程辛いものなのか。
そして、、元の身体への、飽くなき渇望・・・。
そんな猫(マオ)の、虚しくも決して消え去る事など有り得ない、心強き想い。
・・・が、なってしまったものは仕方がない。
今では、猫の身体を最大限に生かした契約者ライフを、最高潮にエンジョイしているゼぃ!!・・・という、何ともポジティブ且つ複雑な心境の語られたお話でした。

一方、第13&14話「銀色の夜、心は水面に揺れることなく」では、銀(イン)の過去が明らかにされました。
蒼白く輝く月明かりの下、美しいピアノの音色を奏でるは、盲目の美少女・キルシー。
父は飛行機事故で他界、そして、母は車から自分を庇い、その命を失った・・・。
過去の記憶は全て残っている。
だが、一切の感情を持ち合わせないドールとなってしまった銀(イン)は、“哀しみ”と言う気持ちを体現出来ない。
故郷の北欧に帰ろうと持ちかける、嘗てのピアノ教師・エーリス。
そして、仲間である黒(ヘイ)により問いかけられし、初めての選択肢。
“キルシー”として故郷に帰るか、それとも“銀(イン)”としてこの地に残るか・・・。
フリーとなった観測霊達に感応し、ドールとなって以降、初めて流す一筋の涙。
ラスト、“銀(イン)”として、仲間と共に生きる道を選択した彼女は、口のサイドを指で押し上げ、可愛らしく微笑むのでした・・・。
・・・ふぅむ、このお話ではドールの生体についての説明は全くの皆無でしたが、私はこう思うのです。
ドール・・・それは即ち、激しい哀しみ等によって、一定の感情を逸脱してしまった存在。
精神崩壊してしまった人間の成れの果て・・・。
だとすれば、もしかしたらリハビリ次第で、ドールが人間に戻れる可能性もあるのかもしれない。
可愛い銀(イン)には、是非とも本来の笑顔を取り戻して欲しいと、強く心に願いつつ・・・・・。

さて、次回からはついに謎の美少女・アンバーも本格始動??!
さらにヒートアップしそうな後半戦に、期待しまくりでっす(≧▽≦)ノ

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ

『ヒロイック・エイジ(HEROIC AGE)』 ディアネイラ・イ・ライシャ・アルトリア・オル・ユーノス 

ディアネイラ

『ヒロイック・エイジ』のディアネイラ様です。
動きやすそうなスーツを身に纏いながらも、王女たる気品・風格は決して失われず、堂々たる美貌、優しい心の持ち主である彼女を想い、描いてみました。
ふわふわの金髪ロングって、高貴な感じがして良いですよね♪

ディアネイラ様は、アルトリア星系を統治するユーノス王家の王女。
人類存続のため、巨大宇宙船【アルゴノート】にて旅に出る。
優れた精神感応力を持ち、空間的距離を超越する事が可能。
どうやら、自分とは全く異質な“男性”全般を苦痛に感じている様だが・・・。

遠い遠い時の彼方---。
宇宙には【黄金の種族】と自らを呼ぶ者達が居た。
星々を創り、未来を知る力を持つ彼等は、まだ未熟な他の種族達へ呼び掛けた。
“出でよ”・・・と。
自分達が生まれた星から、この宇宙へ。
その呼び掛けに、3つの種族が答えた。
黄金の種族は、彼等を其々、【銀の種族】【青銅の種族】【英雄の種族】・・・。
やがて、黄金の種族が、この宇宙から別の宇宙へ旅立つ事を決めた時、新たに呼び掛けに応じる者達が居た。
自らの力で宇宙に出た、4番目の種族【人類】。
黄金の種族は彼等を、【鉄の種族】と名付けた・・・。


とまぁ、これが本作第1話のアバンで語られた設定事項な訳ですが。
何の知識も無しに、気軽に見始めたアニメで、突然これ程の子難しい説明が為されるとは思ってもおらず、説明が終了してから、“はい~??!”となってしまったのは、記憶に古くない・・・(汗)
まぁ要するに、頂点に“黄金”が居て、それに続く4つの種族“銀”“青銅”“英雄”“鉄(人類)”の間で、宇宙の覇権を懸けた争いが行われている・・・と、そう言う事で良いのでしょう。
しかしながら、その中でも“英雄の種族”だけは、えらく特別。
【Nodos(ノドス)】と呼称される圧倒的なパワーを手中に収める彼等は、5名程しか残っておらず、しかも、その中の4体は、“銀の種族”に宿っていると言う・・・。
そして、残る1体は、“鉄の種族”に従属する我らが主人公【エイジ】。
しかし、4対1ってのは、余りにも酷い扱いの様にも思える・・・(´д`;)

ここで、“鉄の種族”こと人類最後の『希望』を乗せた深宇宙探査艦“アルゴノート”に乗船する、ディアネイラ様以外の主要メンバー達を紹介。
◎【アネーシャ・オル・メガーラ】…ディアネイラの信任も厚い次女長。女性オーガン部隊“ロータス隊”の隊長でもある。
◎【テイル(メイル)・オル・メリヒム】…アネーシャの下で働く、強力なサイコキネシスの持ち主。双子の姉妹。
◎【イオラオス・オズ・メリヒム】…男性オーガン部隊“ユーノス近衛騎士団”の団長。高度なテレポート能力の持ち主。
◎【モビート・オズ・メリヒム】…アルゴノートの全体責任監督官、艦長。
◎【ビー・ノー・ビー】…アルゴノートの“舵取り”を行うAI。

第10話「孤独の英雄」にて、エイジは人類連合カリュドーン艦隊の旗艦【アルタイアー】に自らの意思で乗船する事を決意する。
それは、夜の海に浮かぶ船上での出来事。
「・・・お別れだね」
エイジから、突然告げられし別れの言葉。
“これから、沢山の星が無くなって、沢山の星が消える。
でもディアネイラなら、大勢の人のために、道を見つけてあげる事が出来る。
ディアネイラが居れば、もっと沢山の星と道が生まれる。
ここに連れて来てくれて、ありがとう。
こっからは、エイジ独りで行くよ。
さよなら、ディアネイラ・・・”

そして、姫様の瞳からは一筋の涙が・・・。
ベースの定まらない者を優しく導いているつもりが、いつの間にか自らが、これ程までに依存していたとは・・・。
ディアネイラ様の愛おしくも切ない感情が無言の内に語られた、非常に印象深いお話でした。

最新第12話「破滅の炬火」では、ついにユーノス王家の長兄による愚行から、太陽系ジュピターが大崩壊!!!
味方艦隊をも巻き込むプロミネンスの如き巨大火柱。
星が死んだその時、アルゴノートクルー達の前に現れたディアネイラ様の瞳からは、大粒の涙が零れ落ちる。
ついに彼女が人類の先頭に立つべき時がやって来たのだろうか。
一方、【カルキノス】と交戦中の【ベルクロス】には、女性ノドス【レクティ】による時空を超えた攻撃が差し迫る!!
13話以降、後半はますます目が話せない展開になりそうで、本当に楽しみです(≧▽≦)ノ

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。