スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『彩雲国物語』 紫劉輝 

紫劉輝

『彩雲国物語』の劉輝です。
国を統治する王様・・・等々、非常に身分の高いキャラを描くのは初めての機会でしたので、何だかすっごく緊張しちゃいました。
誇り高き中にも、微妙に優しさの感じられる表情を目指して描いてみたのですが、いかがでしょう・・・。

紫劉輝は、彩雲国の若き(19歳)国王。
激しい王位争いで異母兄達が全滅したため、本来玉座とは縁の無い第6公子であるにも関わらず、前王逝去に伴い半年前に即位した。
政事に対してやる気無し、興味無しの駄目王様の振りをしていたが、本作のヒロイン【紅秀麗】と出会う事で、その態度は次第に変貌して行く・・・。

物語の舞台となるのは、中国風の架空の国【彩雲国】。
ある日、官吏の道を目指す名門紅家の秀麗は、即位間も無い新王の教育係を引き受ける事となり、それを切欠に、官吏登用試験への道が開かれて行きます。
(※当初、官吏登用試験を受ける事が出来るのは男性のみだった)
史上初の女性官吏として、堂々とその役割を果たす心強き紅秀麗。
第1期シリーズでは、官吏となった秀麗が、彩雲国の中でも、とくに治安の悪く内紛の絶えない地域【茶州】を平定するまでが描かれました。

第1期のラスボス的存在【茶朔洵】。
第35話「逢うは別れの始め」で、秀麗の守護役【茈静蘭】との対決に敗れた彼は、夜の帳の中、大樹の根元にて、静かにその息を引き取る。
白湯に混入された毒に内臓をやられた朔洵は、最期の時を、心から愛した女性・秀麗と語らう事に費やすのだが・・・。
しかしながら、まさかあの「甘露茶を入れてくれないと、私は死んでしまうよ」と言う子供染みた言葉に、あ~んな重要な意味が隠されていたとは、本当にビックリでした☆
自らの命さえ、ゲームの駆け引きとして取り扱えてしまう、そのイレギュラーな思考回路。
普通の神経では、到底彼について行く事は出来ないな~・・・と、最期の最後ながらも、ちゃっかり思ってしまったり。
最終的には視力も奪われ、それでも秀麗の長い髪を撫で、ブラッドテイスト漂う軽やかなキスを残した茶朔洵。
「愛しているよ・・・君の二胡も、君の入れてくれたお茶も、君の全てを・・・」
そう語った彼の心からの言葉は、今でも深く印象に残っています。

第1期最終第39話「縁は異なもの味なもの」で、朝賀のため、一時的に茶州から帰郷した秀麗は、雪の中、久々に劉輝と語り合う。
“想いを寄せられたら、よく考えて、出来るだけ迅速に答えを出さなければならない”
そう話す秀麗に、劉輝は、「急がなくて良い。余は急がない。待っている、ずっと。この先がどんなに長くても、遠くても、いつかきっと・・・。余の夢はここにある、初めてここで出会った時から・・・」と。
そう語る劉輝の、超切ない想いに胸がキュンと締め付けられる、素敵なラストシーンだったと思います。

さて、いよいよ4月7日(土)から放送予定の第2シリーズでは、異能の一族【縹(ひょう)家】を中心とした物語が展開される様子。
また秀麗達の活躍が見られるのかと思うと、本当に嬉しいです♪
早く視聴したいなぁ(*´∀`*)ノ

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト

『牙-KIBA-』 ロイア 

ロイア

『牙-KIBA-』のロイアです。
彼女の不思議な髪型・・・。
描き終わった今でも、どうなっているのかよく分からないんですけど(´▽`;)
恐らく、帽子の中で上手く纏まる様に工夫されているのでしょうね。
とてもセンスが良いと思います♪

ロイアは、16歳、シャードキャスターの女の子。
テンプラーの長にして超一流のシャード使い・ジーコの元で育てられ、日々弟子として訓練に励む。
感情表現が豊かで、喜怒哀楽が、とてもハッキリしている。
どうやら、主人公・ゼッドの存在が、恋とは別の意味で(?)気になっている様だが・・・。

身体の変異により、自分がタスクの人間だと言う事に気付いたロイア。
己の存在に自信の持てなくなった彼女は、タスクで感じた微かな母の記憶を頼りに、真実を追う事を決意する。
第23話「絆」では、ついに実母・ジェサラとの対面を果たしたロイア。
が、ジェサラは、シャードの力を借りて、ロイアの父・モロッコの側近であるデスパラの身に、、その精神を宿らせた魂のみの存在だった。
デスパラの中で生き続けたジェサラ。
ロイアが生きていると信じ、彼女に再び危険が迫った時、今度こそ自らの力で、大切な娘を護るために・・・。
全ては10年前、モロッコの前に預言者・グルジェフが現れた事から始まった。
グルジェフはロイアについて、“父の身を滅ぼす呪われた子”と、宣告。
心の弱いモロッコは、悪夢に苛まされ、挙句の果ては、“ロイア殺し”を買って出たデスパラに、娘の運命を預ける羽目に。
だが、テンプラーのジョーカー・クラウドは言う。
「君には父の憎しみよりも、母の愛を胸に刻んで欲しい。ジェサラの愛が産んだ命の奇跡を・・・」
ラスト、モロッコの刃からその身を挺して娘を救ったジェサラは、「ロイア、ようやくあなたを護る事が出来たわ・・・」と、言い残し、デスパラの肉体と共に、この世を去る事となる。
我が子を慈しみ、母としての強き誇り&想いを感じ取る事の出来た、素晴らしいお話だったと思います。

先週第50話「永遠の絆」では、ついにゼッドとノアの一騎打ちが実現。
伝説の存在である【タスカー】の姿もハッキリと見て取る事が出来ました。
タスカー復活の暁に待ち構えるものとは、いったい何なのだろう・・・。
来週はいよいよ最終回。
もう絶対に見逃せません!!!

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ

『パンプキン・シザーズ(Pumpkin Scissors)』 ランデル・オーランド伍長 

ランデル・オーランド伍長

『パンプキン・シザーズ』のオーランド伍長です。
最初は、伍長の腰のランタン辺りまでは描くはずだったのですが、彼の身体があまりにも大きすぎて、枠内に収まりきらなくなってしまいました。
オーランドのボディサイズって、本当に大きいんだ~・・・と、改めて感心しちゃいました(´▽`;)

オーランド伍長は、戦時中、【Invisible Nine(不可視の9番)】と呼ばれた極秘部隊の1つ、【901ATT(Anti Tank Trooper】に所属していた。
が、停戦と共に行き場を失い、放浪の身で彷徨うも、アリス少尉達に加勢した事件を切欠に、陸情3課【パンプキン・シザーズ】配属となる。
戦車にさえも単独で立ち向かう、恐るべき戦闘能力の持ち主・オーランド伍長の精神は、いったいどの様な成長を遂げて行くのだろう・・・。

物語の舞台となるのは、敵国・フロスト共和国との停戦が結ばれて以降3年後の世界。
しかしながら、国民の困窮は一向に解消されておらず、事態を憂慮した軍上層部は、飢餓、疫病、野盗化兵等々“戦災”からの復興を任務とする部隊【陸軍情報部第3課】を設立。
社会を覆う欺瞞と腐敗の分厚い皮を切り裂き、中身を暴き出す。
故に、彼らは自らを“パンプキン・シザーズ”と名付けるのだった。

最初は戸惑い気味だった伍長も、すっかり陸情3課の一員として認識される様になり、様々な活躍を見せてくれました。
とくに第14話「焔、いまだ消えず」以降、かつて【908HTT】に所属していたハンスが登場してからのオーランドの心の動向は、非常に激しかった様に思えます。
初めて出会う、“インヴィジブル・ナイン”としての仲間。
火炎放射器【フレイムスロウワー】を主力武器とする908HTT部隊・・・彼らの装着する防護服の中は、高精度の断熱効果のある液体で満たされているらしい。
しかし、それは全くの嘘で、実際は感覚を鈍らせるだけの麻酔薬だった。
彼らは自分の火傷をも自覚する事の出来ない、悲しき実験部隊。
ハンスを救おうと必死に説得を試みる伍長。
そして、固く固く閉ざされていたハンスの心も少しだけ開きかけ・・・?!!
と、思った瞬間、陸情1課所属の実動精鋭部隊【クレイモア・ワン】によって頭部を撃ち抜かれてしまったハンス。。。
もう、この時は伍長のみならず、私自身もめちゃめちゃショッキングでした。
せっかく開きかけた心が、開花する事なく散り行く様は、見るに堪えなき悲惨な末路。
マジで涙出ちゃいました。゜(゚´Д`゚)゜。

そして、第19話「甘い罠」以降、お話の舞台は舞踏会に移り、このストーリーが長いの何のって。
先週第22話「孤独な天秤」においても、未だ結論は見い出されず、このまま最終話まで突入しそうな勢い。
・・・ヤバいよね。
このままだと、【銀の車輪結社】、仮面の男、レオニール、カウプラン機関、秘密主義な陸情第1課等々についての様々な疑惑は、全くの未消化なままに終わってしまいそう。
アニメのみのファンにとっては、非常に辛い展開にΣ(゚Д゚;)?!
う~ん、これはもう原作が進んでから以降の第2期製作に期待するしかないかもっ!!!

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ

『コードギアス 反逆のルルーシュ(CODE GEASS Lelouch of the Rebellion)』 C.C.(シーツー) 

C.C.

『コードギアス 反逆のルルーシュ』のC.C.です。
物語当初から現在に至るまで、その大部分が未だ謎に包まれたミステリアスな存在である彼女。
その不敵な笑みの心の奥底には、いったいどんな感情が眠っているのだろう・・・。

C.C.は、主人公・ルルーシュに物語の最重要キーとも言える【ギアスの力】を与えた女の子。
外見は10代に見えるが、どうやらルルーシュの幼少の頃から存在し、すでに何十年と言う時を生き抜いて来た様子。
その身は、銃弾等、幾多の致命傷を食らおうとも死に至る事は無く、深手を負ったとしても、みるみる回復してしまうイモータル的存在。
ただ、痛覚は通常の人間並みに持ち合わせている様だが・・・。
どこにでもいる、いつでもいる、人間を超えた存在である彼女の真の目的、願いとは、いったい何なのだろうか。

謎に包まれたC.C.の正体を解き明かすヒント。
それは、現段階では、物語中で彼女自身が語る言動に注目するしかない訳ですが・・・。
とりあえず、今までに気になった文句を挙げてみたいと思います。

・第09話「リフレイン」…「嘘の涙は人を傷つける。嘘の笑顔は自分を・・・」
・第10話「紅蓮舞う」…「「ルルーシュ、雪がどうして白いか知っているか?自分がどんな色だったか、忘れてしまったからさ・・・」
・第11話「ナリタ攻防戦」…「やっと呼んでくれたね・・・私の名前・・・」
・第15話「喝采のマオ」…「私はマオの親友で、恋人で、他人だった。私だけがマオにとっての人間だった。世界の全てだったんだ。」
・第16話「囚われのナナリー」…「マオ、先に逝って待っていろ、【Cの世界(?)】で・・・」

・・・とまぁ、これくらいですかね。
あとは、第11話において、ルルーシュが能力発動中のC.C.に触れてしまった瞬間に、強制的に流れ込んで来た、C.C.自身の過去の思い出。
そこには、
・額にギアスの印を持ち、神に祈るシスターコスの女。
・『枢木神社』と記された鳥居。
・水に佇むC.C.の左胸には、手術を施されたような傷跡、あるいはタトゥー?!!

・・・と言った、非っ常~に気になる映像が。。。

一見、気位の高い女王気質な高ビーかと思いきや、妙に母性的な優しさをも垣間見せるC.C.。
そして、“Pizza Hut”を食べまくり、ポイントを満たしてチーズくんを手に入れたにも関わらず、何故かスリム体型なままの彼女・・・って、これはあんまり関係ないか( ̄∇ ̄;)

先週第19話「神の島」では、さらに新たな発見が!!!
薄暗い通路を、誰かと話しながら歩くC.C.。
「まったく、お前の悪戯のせいで、詰まらん男と会話を・・・」
「カレンまであの島に?!・・・趣味が悪いな、観察者を気取って」

・・・って、何よ。。。
もしかしなくても故人のマオ以外にギアスの力に関わる者が?!!
と言うよりは寧ろ、ギアスを与えられる側ではなく、C.C.とギアスの力を与えられた者の間を仲介する役目を与えられた存在っぽい???
ギアスに関わる謎の遺跡、C.C.に付き従う謎の存在&新しいナイトメアの登場、そして謎の揚陸艇出現等々と、謎に包まれまくりなコードギアス。
現クールはあと残り4話で終了を迎えてしまいますが、これからの展開が、と~っても楽しみですっ(≧▽≦)♪

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。