スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『奏光のストレイン』 ラルフ・ウィーレック 

ラルフ・ウィーレック

『奏光のストレイン』のラルフお兄様です。
悲しき運命の下、儚くその命を散らした彼の、愁いに満ちた心情を想って描いてみたのですが、どうでしょう・・・。
そう言えば、後から思ったのですが、この絵って、モノクロに編集したら、遺影みたいじゃない?!
もう少し、動きのある画にした方が良かったかな・・・(´▽`;)

ラルフは、幾多の優秀な【リーズナー(有人兵器のパイロット)】を輩出して来た、名門ウィーレック家の現当主であり、ヒロインであるセーラ・ウィーレックの最愛の兄。
ユニオンの英雄とも呼ばれた優秀なリーズナーだが、現在は敵国・ディーグの士官。
彼が母国を裏切り、ディーグに仕える、その真の目的とは・・・?!!

物語の舞台となるのは、遥かなる未来。
人類は、有人兵器【ストレイン】を主戦力とするユニオン(連合)と、無人兵器【トゥモール】を主戦力とするディーグ(帝国)の2大勢力に分かれ、永きに渡る戦争が繰り広げられていた。
ユニオンに属するセーラ・ウィーレックは、一人前のリーズナーを目指す、16歳の女の子。
セーラには、11歳の時に生き別れとなった最愛の兄・ラルフに再会したいと言う秘めた思があり、幼き頃に両親を失った彼女にとっては、兄との再会こそが、唯一の生き甲斐と呼べるものであった。
そんな折、敵国・ディーグの奇襲を受けたセーラ達は、ディーグ将校となった兄、ラルフ・ウィーレックの姿を発見し・・・?!!

第10話「未来の記憶」にて、明らかにされた様々な謎。
それは、エミリィから引き出された600年以上も昔の記憶。
タイムラグ無しで意識を共有する事の出来る、同顔生命体の発見。
そして、麻酔無しで繰り返された、残酷極まる解剖実験。
即時通信の技術開発・・・。
遠い未来、ラルフによって殺され続けたと語るエミリィ。
無人と信じた敵兵器のコクピットから幼き少女を発見したラルフは、重き罪悪の意識から、贖罪の道を歩む事となった・・・。

それにしても、クンルーン艦内の人々を次々と殺戮するラルフは、かな~り怖かったです。
副官バロウを始め、女性クルーにも容赦無し。
そして、その瞳には一点の迷いさえ感じられない・・・。
んで持って、その迷妄なる行動には、当事者のエミリィでさえ恐れを為してしまってますゼ、お兄さんΣ( ̄□ ̄;)!!!

最終第13話「ラスト・ワルツ」で繰り広げられた、兄妹最後の一騎打ち。
説得を試みるセーラに、全く耳を貸そうとしないラルフ。
・・・と、言うよりは、すでに何が何だか分からなくなって、心底妄執に取り憑かれてしまっている感じ。
“兄さん、私は私に決めた事を果たします。それは、もうあなたに、誰も殺させはしない!!!”
そう心に強く誓ったセーラは、亜光速飛行の中、見事兄を討ち果たす。。。
『セーラ・・・エミリィ・・・頼む。セーラ・・・上達・・・したな・・・』
血の滴が浮遊するコクピットの中、最期の言葉を言い残したラルフは、永遠の眠りへと誘われ・・・・・
ラストの一瞬、ほんの少しだけ昔の兄さんに戻ったかの様な優しい瞳に、心から感動してまいました。゜(゚´Д`゚)゜。

最初はブラコンものかと思いきや、妹の純粋に兄を慕う気持ち、仲間の敵を討つべく最愛の肉親を自身の手で葬ったセーラの悲しき心情を想うと、何とも表現しきれない気持ちで一杯です。
『奏光のストレイン』は、1クールものであるにも関わらず、私にとって、心から感動し得る、忘れられない作品となりました(〃 ̄ー ̄〃)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト

『銀魂』 神楽 

神楽

『銀魂』の神楽です。
いつも明るく元気いっぱいな彼女。
そんな神楽の表情豊かな様子が、少しでも表現出来ればと思って描いたのですが、どうでしょう・・・。
因みに、番傘を描くのは初めての機会でしたので、よく分かりませんでした(´д`;)
一度、現物を手に取って、じ~っくりと構造等調べてみたいと思います☆

神楽は、宇宙最強最悪の戦闘民族【夜兎族】の女の子。
大金を掴む事を夢見て、遥々と地球上の大都市・江戸へやって来たのだが、その最初の勤めは何と、ヤクザの用心棒!!
しかし、それが嫌になって逃げ出した途上、銀さん達と出会う事に。。。
故郷に帰る為のお金が貯まるまで、万事屋の押しかけバイトとなった神楽。
可愛い顔を持ち合わせながら、激しいツッコミ&酢昆布好きな彼女の行く末やいかに・・・?!!

第40話~第42話では、神楽の実父【星海坊主】が初登場!!
名前からして、どんな格好良い存在なのかと思いきや、その素顔は、まさにオヤジの中のオヤジ!!!
そして、その頭部は、悲しくなる程典型的なバーコードヘアーΣ( ̄□ ̄;)!!!!!
ターミナルを占拠する【えいりあん】との戦闘中、松平率いる幕府艦隊からの砲撃を防ぎきった彼の頭部は・・・・・
松平)「何だと・・・傘一本で、あの砲撃を・・・」
海坊)「オレも焼きが回った様だ・・・」
銀時)「いや、髪の毛も焼きが回ってるけど・・・」

と、遂には貴重なバーコードさえ吹き飛び、つるぴかスキンヘッドに!!!
大切な髪を犠牲に、皆を守った彼の偉大さには、心から敬服するばかり。。。

しかしながら、無くした髪と片手は星海坊主にとっての戒めだと言う。
それは、神楽の兄から夜兎族特有の“親殺し”を実践された際に受けた傷。
自分の首を狙うガキを前に、止めるのではなく、本気で息子を殺そうとした星海坊主。
・・・が、それを制止したのは幼き時分の神楽だった。。。

事件落着の後、神楽からの手紙を読み、彼女を大事にする事を決めた星海坊主は、再び単身にて旅に出る。
そして・・・・・
第43話「キャラクターはシルエットだけで読者に見分けがつくように描き分けよう」では、【スナックお登勢】でヒロインの座を争う、醜くも美しいさっちゃん&お妙&キャサリンの会話に、陰から鋭いツッコミで切り込む神楽ちゃんが、とても面白かったです(*´∀`*)

これにて、目出度く万事屋のヒロインも復活し、次回以降は五忍シノビファイブこと【ゴニンジャー】のエリザベス救出作戦ストーリーに突入予定!!
これからの展開が、本当に楽しみです(≧▽≦)ノ

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ

『DEATH NOTE(デスノート)』 L(エル) 

L

『DEATH NOTE』のLです。
何と言いますか・・・こういった、眉毛の無い&瞳に生気の無い&眼の下に強烈な隈・・・と言う、超無機的なフェイスを描いたのは、初めての経験でしたので、かな~り微妙な画になってしまいました。
全国・・・いや、全世界のLファンの皆さん、本当にすみません。
これからは、さらに精進致しますので、どうかお許しを・・・(´▽`;)

コードネーム【L】をその名に持つ、彼の本名を知る者は誰もいない。
Lは、世界中の数々の迷宮入り事件を解決に導いた経歴を所持する、"影のトップ"或いは"最後の切り札"とも云われる超切れ者の名探偵。
全世界の警察を動かせる唯一の存在であり、通常は名前、顔、居場所等、誰にも知られる事は無い。。。

『そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ』という力を持つ、死神の落とした恐るべき【DEATH NOTE(デスノート)】。
天才的な頭脳を持ち、退屈を持て余していたエリート高校生【夜神月(ヤガミライト】が、それを偶然拾った時から、全ての惨劇は始まった・・・。
デスノートを使い、世の中に溢れる犯罪者達に次々と死の制裁を下していく月は、次第に【キラ】と呼ばれるようになる。
果たして、キラこと月は、世界を救う救世主なのか、それとも独裁的な殺人者なのだろうか・・・。
キラを神の如く崇拝する者、又はその行為を真っ向から否定する者。
今、世界はキラを中心とし、大きく揺れ動こうとしていた・・・。

第17話「執行」では、キラ容疑者監禁50日目にして、やっと1つの決断を下したL。
そして、ライトの父・総一郎は、Lの指示通り、迫真の演技をやって退けるのでした。
しかし、あのシーンは本当にすごかった・・・。
実の息子・月の頭部に銃口を突き付けた時のパピーの眼と来たら、マジでイッっちゃってましたからね~。
一瞬、本気で殺ろうとしているのかと冷や汗が滲んでしまいました。
まぁ、そのお陰で月&海砂のキラ容疑も100%晴れ・・・と言う訳にはいかず、月はLと手錠で繋がれ24時間行動を共に、海砂はLの監視下に置く・・・という条件付釈放で一件落着(?)となったのでした。
しかし、捜査のためのみに、地上23F、地下2F、しかもヘリ2台搭載の新築ビルを建設しちゃうLって、いったい何者?!!
すんごく気になる!!!!!
一方、月から返却されたノートは、死神・レムの手によって世界的大企業・YOTSUBAグループの手の内に。
しかし、“誰を殺すか”の定例会議って、何だかとんでもない事になりつつある様子・・・( ̄∇ ̄;)
次回からの新展開に大期待ですっ!!!

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ

『009-1(ゼロゼロナインワン)』 ミレーヌ・ホフマン 

ミレーヌ・ホフマン

『009-1』のミレーヌです。
ボディにフィットしたスーツが、とても格好良いですね♪
ナイスバディじゃなきゃ、絶対無理・・・と言うか、着る事は出来ても、とても貧弱に見えてしまいそうな気がします( ̄∇ ̄;)

物語の舞台となるのは、冷戦が140年程続くもう1つの未来。
地上はウエストブロック、イーストブロックと呼称される2つの世界に分断されていた。
核の脅威で保たれた偽りの平和の下、両陣営はスパイ同士による“情報”という名の戦争を続けていた・・・。

ミレーヌは、【009-1】のコードネームを持つ、ウエストブロック・ゼロゼロ機関所属の女性秘密諜報員。
身体の大部分はサイボーグ化され、各所に様々な特殊技術が埋め込まれている。
幼い時分、イーストブロックから亡命し、その際家族は全員死亡、天涯孤独の身となってしまう。
・・・が、後には明晰な頭脳且つ俊敏な判断力により、ゼロゼロ機関内でもトップクラスの諜報員と呼ばれる程の存在となる。

ミレーヌ・ホフマンのプロフィール&スペック
≪年齢≫21歳
≪身長≫161cm
≪体重≫46kg
≪血液型≫AB
≪B:W:H≫98/58/93

髪・・・【防弾髪(バレットプルーフ・ヘア)】
瞳・・・【マルチスキャンアイ】
胸・・・【胸部内蔵型生体機銃(バストマシンガン)】
衣服・・【タクティカルスーツ(バレットプルーフ仕様)】
皮膚・・【人工皮膚(バイオシンセティックスキン)】
靴・・・【タクティカルブーツ(ニードルガン装備)】
拳銃・・【WA-P009(プラズマガン)】

・・・と、身体装備については他にも色々ある様ですが、書ききれないので簡易省略と言う事で☆☆☆

この作品のメインテーマである、『スパイ』という存在。
それは、第8話「昨日の暦」で、幼きミレーヌを救ったネルソンの言葉に集約されていた様に思います。
スパイにだけはなるんじゃない。
殺して、殺されて、それでも悲しむ人はいない。
人を愛してもいけない。
それが、スパイだ。

それでも、「君達はこの国の自由を担うのだ。自由のために命を懸ける、その覚悟がある者だけ、私と一緒に来なさい。」という組織の言葉に圧倒されたミレーヌは、厳しい訓練に耐え、一流のスパイとして活躍する事に・・・。

最終第12話「夜明け」での、“自由と平和”を賭けたミレーヌとロキの悲しき闘いは、本当に良かったと思います。
そして、絶えず感情を押し殺した様なスパイヴォイス、ミレーヌ役・釈由美子さんのセクシーな声も、全編に渡り、とても魅力的に感じました(〃 ̄ー ̄〃)

スパイが、いかに孤独で悲哀に満ちた存在であるかと言う事を再認識させてくれたこの作品、最後まで非常に興味深く視聴する事が出来ました。

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。