スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『xxxHOLiC(ホリック)』 壱原侑子&モコナ 

壱原侑子&モコナ

『xxxHOLiC』の侑子とモコナです。
侑子さんの衣装デザインは刻々と変わるので、こんなようなのがあった気がするな~・・・という感じのものを適当に描いてみました。
モコナについては、口の縁取りを白くするか迷ったのですが、試してみたら、とっても異様な雰囲気になってしまったので、黒いままにしておきました(´▽`;)

【アヤカシ】が見える高校生・四月一日君尋(ワタヌキ キミヒロ)は、【ミセ】の店主・壱原侑子(イチハラ ユウコ)と出会う。
“どんな願いでも叶える”と話す彼女。
しかし、そのためには同等の【対価】が必要だと言う。。。
アヤカシが見える体質を改めるため、対価として半強制的にミセでアルバイトをさせられる事になった四月一日。
彼の運命やいかに・・・?!

物語の構成としては、ほぼ1話完結方式。
しかしながら、登場人物の情感を奥深く表現したストーリーには目を見張るものがあります。
各話完結物が陥りやすいワンパターン等には決してなっておらず、毎回繰り広げられる斬新な内容且つ展開には、ただただ感心させられるばかり。。。

侑子の営むミセには、謎の生物(?)が約3名。
まずはイラストにも描いた【モコナ】。
CLAMP作品には、頻繁に出没する白モコナのブラックVer.ですね。
ミセに漂うダークな雰囲気を反映させたカラーリングなのかな??
そして、【マル】&【モロ】と呼称される少女2人。
フルネームは【マルダシ】と【モロダシ】という、ちょっとヤバい感じなネーミングなのですが、いったい何故( ̄∇ ̄;)?!
確か、彼女達はミセから一歩も外に出られない存在でしたよね。
その理由はアニメ本編内では、全く触れられなかったので、いまだによく分かりません。
そもそも彼女達は、本当に人間(だった?)のだろうか・・・。
実は動物等の霊が人間型に扮しているとか、そういう場合もある訳ですよね。
う~ん、実に不思議な存在です。。。

外伝を除く最終第23話「センタク」で、苦しそうに咳き込みながらも繭子に会いに行く四月一日には、本当に感慨深いものを感じました。
「あなたが寂しいと、オレも寂しいから・・・」という言葉を聞いた時の、繭子の驚きの表情も良かったです。
彼女にも全く悪気はない訳で、そこがまた心苦しいとこなんですよね。
ラスト、四月一日のためを想い、彼を厳しく律した百目鬼(ドウメキ)には、深~く感動(*´д`*)
彼のような親友がいたら最高ですよね。

・・・さて、最後はこれで〆ますか。
“この世に偶然なんてないから。
この世にあるのは必然だけ。
あなたとあたしが出会った事には、意味があるのよ。
あなたの願い、叶えましょう”


☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト

『THE THIRD(ザ・サード)~蒼い瞳の少女~』 イクス 

イクス

『ザ・サード~蒼い瞳の少女~』のイクスです。
彼の手元で光ってるのは、やっぱ妖精・・・かな??

この作品はWOWWOWのノンスクランブルで放送されたものですが、10月26日にラストを迎えました。
・・・で、私は衛星放送を視聴する事が出来ないので、動画サイトを利用して見続けて来た訳ですが。。。
何と・・・!!
第24話が、いまだにアップされないままでして、ラスト1話のみ未視聴という、とても悲しい状況のままなんですよね。
うお~ん。゜(゚´Д`゚)゜。

イクスは、謎めいた雰囲気を持つ、のほほ~んとした性格のナイスルックス青年。
世間に疎い天然キャラかと思いきや、妙に博識な一面もあり、何とも油断できない存在である。

物語の舞台となるのは、過去の大戦によって荒廃した砂の惑星。
そこは、額に赤い瞳【天宙眼】を備え、コンピュータシステム等をダイレクトコントロールする事が可能な、優れた能力を持つ【ザ・サード】と呼ばれる者達に統治されていた。
僅かに生き残った人々は、科学技術を【テクノスタブー】によってザ・サード達に管理されながらも、たくましく生き抜こうとしていた。。。

それにしても、イクスは謎の多い人物である。
あ、最終話の放送された今となっては、そうでないのかもしれませんが、とりあえず個人的には、まだ謎なままなので・・・(´▽`;)
第15話「砂嵐の夜」では、ヒロイン・火乃香がレオンから受けたレーザーの傷をヒーリング。
しかし、イクスの力では組織を再生する事は出来ても、血液を作り出す事までは出来ませんでした。
それを補ってくれたのは、“カムイ”と言う名の白き狼。
イクスはこの狼とも意思の疎通が出来ているようでした。
そして、“命が生きる処”を求める妖精と1つになったカムイは、どこか別の空間へと消え去って行きました。
その光景を目の当たりにしたイクスは、こう語る。
「おそらくは、妖精の欠落していた何か、重要な遺伝子を彼は持っていたのです。妖精はこの星を旅立つ準備を整えるため、カムイと1つになる必要があり、カムイもまた、それを知っていて、妖精を探していた。」
・・・って、何でそんな事知ってるんですか~っΣ( ̄□ ̄;)?!!

そして第23話「鋼の谷へ」では、自動歩兵からの攻撃もパーフェクト透過。
都合の良い時のみ、実体ですらない体へと変貌を遂げたイクス。
星の心を繊細に感じ取り、ザ・サード達からも『あの方』と呼ばれる程の、彼の正体とはいったい・・・?!
第24話、早く視聴したいですっ(≧▽≦)ノ

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ

『シムーン(SIMOUN)』 ネヴィリル 

ネヴィリル

『シムーン』のネヴィリルです。
背景は、戦闘母艦【アルクス・プリーマ】の窓から見下ろした景色という事にしといて下さい。
決してネヴィリルが、単体で空を飛んでいる訳ではありません( ̄∇ ̄;)
ちょっとキツめなフェイスですが、【シヴュラ・アウレア】と呼称される、最も優れた【シムーン・シヴュラ(シムーンに搭乗する巫女)】であるからには、これぐらいの威厳は持ち合わせていて欲しかったので。。。
本編中では、初期に最愛の【パル(シムーン搭乗の際のパートナー)】である、アムリアを失ったせいか、ずぅ~っとジメジメのヒッキー的イメージしか残ってないんですよね~(´д`;)

とりあえず、ネヴィリル様のプロフィールを・・・
≪年齢≫18歳
≪身長≫161cm
≪足のサイズ≫24
≪B:W:H≫87/58/92

物語の舞台となるのは、【大空陸】と呼ばれる異世界。
ここでは、人間は必ず『女性』として生まれ落ちる。
そして17歳になると【泉】へ向かい、そこで性別を選び、『大人』へと成長する。
ネヴィリルはじめ、主人公達が暮らす【シムラークルム宮国】が所持する、孤高のエンジン【ヘリカル・モートリス】を狙う、近隣の国々。
それらに対抗するため、戦闘用に改造された儀式用複座式飛行艇【シムーン】に搭乗するのは、まだ性別化されていない巫女達。
巫女には、自分で大人になる時を選ぶことが許されていた。
しかし戦闘開始以来、その秀逸なる能力故に、シムーンの操縦士を続ける事、つまり、“少女であり続ける事”を強要される結果となったのだが・・・・・

SIMOUNには、難解な用語がたくさん出て来ます。
一旦覚えてしまえば、何て事もないんですが、その単語と意味を組み合わせて記憶するまでは、理解不能な会話等もけっこうあったんじゃないかと思います。
例えば、
【テンプスパティウム】・・・シムラークルム宮国内で信仰されている神の総称
【アウリーガ】・・・シムーンの前席に搭乗するメイン操縦者
【サジッタ】・・・シムーンの後席に登場するナビゲーター兼銃撃手
【リ・マージョン】・・・シムーンの航跡により、幾通りもの様々な紋章を描く行為
・・・等々ですかね。
他にもいっぱいあるんですが、書ききれないので省略します(´▽`;)

SIMOUNを視聴していると、ヴォイスが全て女声のためか、宝塚を鑑賞しているのと同じような気分になります。
世界観、設定等、全てが斬新に感じる作品でした。
ラスト、旅立つ仲間を送るための【朝凪のリ・マージョン】が、妙に印象的だったかな。
そして、ついに【希望の大地】を目指し、【翠玉のリ・マージョン】を実行したアーエル&ネヴィリル・・・。
こうして、かつてのシヴュラ達の想いの中では、2人は“永遠の少女”となったのでした。。。
複数の少女達の心の葛藤、動向、行く末が見事に表現された、本当に素晴らしい作品だったと思います(〃 ̄ー ̄〃)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ

『BLEACH(ブリーチ)』 朽木白哉 

朽木白哉

『BLEACH』の白哉です。
私は隊長格の中では、朽木隊長が2番目に好きだったりします♪
しかし、アニメ&コミック共に、最近ほとんど活躍なしの彼。。。
ちょっと寂しいです・・・(´д`;)

白哉は、名門貴族朽木家第二十八代当主にして、朽木ルキアの義理の兄でもある。
護廷十三隊六番隊隊長である彼は、圧倒的な力を誇り、かつては一護のライバル的存在であった。
頭部の髪飾りは、貴族のみ着用する事を許される【牽星箝】というものらしいです。
それにしても、階級制度の設けられた社会なんて嫌だなぁ・・・。
だって、貴族として生まれなかった者は、どんなに努力しても貴族の足元にも及ばない訳でしょ??
生まれた時から差別されちゃうなんて、“親の七光”が大嫌いな自分としては耐えられません。。。
白哉の、自分に厳しい人間性は好きなのですが、貴族としての高慢な部分については、少々嫌味を感じざるを得ない事も・・・。

今週放送された第101話「マユリ卍解!!沢渡・悪魔の激突」では、サブタイどおりマユリと沢渡の最終決着が見られた訳ですが・・・。
何気に、“101話”ってすごくないですか?!
4クールものが約50話とすれば、もう2年近くも放映されてる事になるんですよね。
私が2年以上も欠かさず視聴したアニメなんて、この作品が初めてかもしれません。
逆に言えば、それだけの魅力が『BLEACH』には、あるって事ですよね(〃 ̄ー ̄〃)

長く続いたバウント編も、段々終わりに近づいてるのかな。
バウントと手を組む死神・一之瀬も倒され、馬橋&沢渡も、ついに逝ってしまいました。。。
残るはリーダーの狩矢と、あと数人。
バウント編が終了したら、どうなるんだろう・・・。
原作はアニメ放映できるほど進んでいないようですし、また新たなオリジナル展開に突き進むのか、もしくは一旦打ち切りなんて事もΣ(゚Д゚;)?!!
出来れば、【破面(アランカル)】のウルキオラやグリムジョーも動画で見たいんですけどね~。

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。