スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『うたわれるもの』 ハクオロ 

ハクオロ

『うたわれるもの』のハクオロです。
仮面をかぶったキャラを描くのは初めてだったので、すごく描きにくいんでは?!・・・と思っていたんですが、意外にあっさりと描く事ができたので本当に良かったです(´▽`;)

大怪我をして倒れていたところをエルルゥによって助けられたハクオロ。
記憶もなく、決して外れない謎の仮面を着用しており、その真の正体はいまだ謎に包まれたまま・・・。
はっきり言って、不信感この上ない存在のようにも思えますが、回復後は村のために尽くし、最終的には政の中心人物となる一国の皇(オーロ)という高位まで上り詰める。

この物語の世界観は、とても不思議。
木々に囲まれた自然豊かな土地に暮らす亜人類。
外観的には人間とほとんど変わらないが、獣のような耳尾を持つ者、天使のような翼を持つ者など、その人種は多種多様。
最初は、種族間での争い事をテーマにした作品なのかな~・・・と思っていたのですが、全然違ってました( ̄∇ ̄;)
一国の中には様々な種族が分け隔てなく暮らしており、種族間での差別というものは全く見られない。
その代わりに、昔の戦国時代みたく国ごとの領地争いはとても激しいようで、ハクオロの統治するトゥスクル国に攻め入ろうとする国が次から次へと現れて、見ている側はハラハラしっ放し。
・・・とは言え、各戦争の合間合間にはコミカルなお話も盛り込まれており、とてもバランスの良い作風に仕上がっています。

登場人物の表情もとても豊かで、全ての人々がとても魅力的。
第17話「幼き皇」で初顔見せを果たしたクーヤ様は、と~ってもかわいい女の子で、ハクオロの事を大変慕っている様子。
しかし、OPの絵から判断すると、まさかラスボスって・・・・・みたいな想像もつかない展開に突き進んでいきそうな感じ。
天子ニウェのもとにいた羽根のイケメン兄ちゃんも、クーヤ様のお国の方なんでしょうか。。。

一度は完全に魔物化したハクオロの正体も謎に包まれたままだし、ラスボス一家は超強力そうだし、カミュの存在も気にかかる。
・・・という訳で、まだまだシークレット要素の強い『うたわれるもの』。。。
次回以降は新たな新展開に突入しそうな感じなので、絶~っ対に見逃せません☆

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト

『ひぐらしのなく頃に』 竜宮レナ 

竜宮レナ

『ひぐらしのなく頃に』の竜宮レナです。
かわいいレナを描こうかな~・・・とも思ったんですが、やっぱ『ひぐらし』と言ったら“こっち”でしょう!!
・・・という訳で、オヤシロVer.(?)のレナを描いてみました☆
本名は礼奈(れいな)で、最近越してしてきた前原圭一とは大の仲良し。
とても献身的な性格で、<かぁいい>ものに目がない。

昭和58年夏、物語の舞台となるのは、都会から遠く離れた山奥にある寒村、【雛見沢】
だが、その村で毎年6月に行われる祭、【綿流し】の裏には様々な謎が隠されていた。。。
祭りの日に、繰り返される惨劇。
毎年、1人が死に、1人が行方不明になるという、数年前から始まる連続怪死事件。
事件の真相はいかに・・・?!
物語は前原圭一が村の闇へと足を踏み入れてしまう≪鬼隠し編≫を筆頭に、≪綿流し編≫、≪祟殺し編≫、≪暇潰し編≫と続く・・・。

各々のお話は綿流しのお祭りを前後にパラレルっぽく構成されているようですが、中でも私が一番怖かったのは≪鬼隠し編≫の最終話です。
もうレナの豹変ぶりがねぇ~。
大石さんとの電話中に圭一を尋ねてきたレナ。
そして、夕飯の件を上手くかわそうとした圭一に・・・
「どうして・・・?どうしてウソをつくのかな、かな・・・」
「ウソだよっ!!!!!」
・・・って、もう心臓飛び出すくらいビックリしちゃいましたよ~。
その後、ドアに挟まれたレナの指も、4本とも切断されるんじゃないかとヒヤヒヤしてしまいました(´・ω・`)
雨の中で謝り続ける彼女もなかなか怖かったです。

そして夕暮れ時、ついに来た~~~っ、鉈を手にしたオヤシロレナが!!!
もうこの時点では、最初っから雰囲気がおかしい。
突然裂けそうなくらい大きな口を開けて笑い出すレナ。
目つきも口ぶりも完全にイっちゃってます。
この頃になると、金属バットを肌身離さず携帯し、恐怖心剥き出しなヒステリカル状態の圭一も、かなぁ~り怖い。
優秀な声優陣の熱演にはマジで感服してしまいました。

そして、衝撃の結末。
レナと魅音を撲殺した圭一は、自ら喉を掻き毟って失血死。
苦しみながら大石に真実を訴えようとする圭一を見ていたら、私まで呼吸困難になりそうでした。

結局、事件の真相って何なんだろう??
薬物反応は検出されなかったと言ってましたが、個人的には、絶対に薬物的なものだと思うんですよ。
魅音ちゃん、注射器持ってましたし、圭一は幻覚症状みたいな事訴えてましたし・・・。
しかも、あの作業服着たおじさん達!!
きっと園崎のオババが差し向けたに違いないですよ!!!
これはオヤシロ様の祟りに見せかけた、“ダム反対派”による超リアル犯罪に間違いない!!・・・と、勝手に想像しているのですが、どうなんでしょう。。。

さて、物語は解答編となる≪目明し編≫に突入した訳ですが、いきなり詩音が沙都子に猛攻バイオレンスを仕掛けて、マジ怖ぇ~・・・。
初っ端からハッスル(死語)しまくりの展開に、どんな結末が訪れるというのだろう・・・。
本っ当~に楽しみです(〃 ̄ー ̄〃)♪

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ

『ARIA The NATURAL(アリア・ザ・ナチュラル)』 水無灯里&アリア社長 

水無灯里&アリア社長

『ARIA The NATURAL』の灯里&アリア社長です。
灯里は観光客専用ゴンドラ漕ぎであるウンディーネ(水先案内人)になる事を夢見てマンホーム(地球)からアクア(水の惑星)にやって来た15歳の少女。
純真で明るく、天真爛漫かつ天然(?)な性格の持ち主である。
『ARIA The NATURAL』は、そんな彼女のゆったりした日常を情感豊かに描いた未来形ヒーリングアニメーション『ARIA The ANIMATION』のセカンド・シーズン。
“出会い”をテーマとする今作は、私達視聴者をナチュラルで優しい世界へと導いてくれる事でしょう・・・。

現在放映済である第14話までの中にも、様々な出会いが存在しましたが、やはり一番印象に残ったのは【ケット・シー(Cait Sith)】との出会いでしょうか。
ケット・シーとは、スコットランドやアイルランド、北欧などによく出没すると言われる猫の妖精の事。
外見的特徴としては、胸に白いブチのある黒猫で、しっとりと輝くグリーンアイリスを持ち、人間の言葉をも理解し得るが、普段はその生体がバレないように普通の猫のフリをしているらしいです。
イギリス各地に伝わる『猫の王』の伝説によれば、ケット・シーは自分達の王国を持っており、その宮殿は木のうろや廃屋に存在する。
彼らは普段、人間に危害を加える事なく暮らしています。
・・・が、人間から虐待を受けた場合、猫の王族は牡牛くらいの大きさになって、自分達の王国へその人間をしょっぴいて行ってしまう・・・という怖~い存在でもある訳です。

第1話「その カーニバルの出逢いは…」でケット・シーと初対面を果たした灯里。
カサノヴァのお付きの子供の後を追いかける灯里とアイちゃんは「ズントコポコテン、ズントコポ~♪」な~んて調子良く楽しそうに踊っていましたが、もしかしたら帰って来れなくなるんじゃないの?!・・・と、ハラハラしてしまいました。
第7話「その 猫たちの王国へ…」ではゴンドラを進めても進めても同じ廃屋へ戻って来てしまう・・・という、間違いなくケット・シーの妖術にハマっちゃったΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)状態に陥りましたし・・・。
第12話Aパート「その 逃げ水を追って…」では、本来なら決して追いつく事の出来ない夢うつつな幻空間の中でケット・シーからアイスミルクを提供される灯里でしたが。。。
禁忌の領域を好意的に垣間見せてくれる彼の真意とは、いったい何なんでしょう??
すごく気になります。

ところで、アリア社長も相当長生きをしているようですが・・・。
ネオ・ヴェネツィアに暮らす猫達の間でも、かなり高い身分に位置する存在なんでしょうね~。
当初、私はアリア社長の≪目≫を≪鼻の穴≫と間違えてしまい、これはいったいどういう生き物だ。。。
・・・・・もしかして白カバΣ(゚Д゚;)?!・・・な~んて、とんでもない勘違いをした覚えがあります(汗)
猫だっちゅ~にぃ、猫!!!・・・みたいな☆☆☆

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。