スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BLOOD+(ブラッドプラス)』 モーゼス 

モーゼス

『BLOOD+』のモーゼスです。
小夜を狙う翼手、シフのリーダー的存在である彼。
その性格は冷静かつ慎重にして、行動は常に迅速。

シフ・・・それは、翼手の姿と人間の姿とを自在に行き来することができる、シュヴァリエとは異なる謎に包まれた存在。
普段は大都会であるパリを拠点としているが、彼らの心には常に孤独が潜んでいる。

血を吸わねば生きていけない・・・
暗闇の中でしか生きてゆけない・・・
いつ現れるとも分からない印(ソーン)・・・

小夜やディーヴァの血を飲めば呪われた肉体を浄化できるかもしれない・・・。
僅かな望みに全てを懸けた彼らは、襲撃を繰り返す。。。
第29話「呪われた血」で、小夜の血を口にしたイレーヌ。
・・・が、その結果は悲惨なものでした。
突如身体全体に広がる亀裂、苦しみに喘ぐ悲鳴・・・。
結晶化しきったイレーヌの身体は粉々に砕け散ってしまいました。

「ボク達は限りあるもの・・・。あらかじめ定められた命を生きる者だ・・・。ボク達が解放されるとすれば、それはディーヴァの死をもってしかない・・・。・・・ありがとう、と言わせて欲しい。この言葉を一度でも口にする事ができて良かった・・・」

そう言い残したモーゼスは残った仲間を引き連れて静かに去って行きました。
悲しすぎる彼らの宿命・・・。
何とか解決の手口が見つかると良いのですが。。。

悲しいと言えば、リクの結晶化はマジでショックでした。
まさか、リクが逝っちゃうキャラだとは思っていなかったので。。。
「ボーイ・ミーツ・ガール」という明るい感じのサブタイから、逆×××の上、殺されるなんて結末は全く想像できませんでしたよ~。
なかなか斬新なシナリオではあるものの、残酷な感じは否めませんでした。。。
しかしながら、稀にみる最高傑作というのは、そういったものの中から生まれ出てくるものだと思っています。
どうか『BLOOD+』が、他の追随を許さない不朽の名作とならん事を!!

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。