スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『TALES OF THE ABYSS(テイルズ オブ ジ アビス)』 ルーク・フォン・ファブレ 

ルーク

『テイルズ オブ ジ アビス』のルークです。
物語中のルークは初期に髪を切ってしまったため、殆ど短髪姿だったのですが、個人的には長髪ルークの方がラヴリンなため、今回はこちらの姿で描いてしまいました♪

ルークはファブレ公爵家の一人息子。
キムラスカ国王の妹を母に持つ。
7年前に誘拐事件に遭い、それ以前の記憶は無い。
成人するまでは屋敷内で軟禁状態で暮らすよう命じられていた。
剣術の師匠【ヴァン・グランツ】を襲った唱士【ティア・グランツ】と超振動を起こして、マルクト帝国領に飛ばされ、帰還の旅を始める。
だが、世界の根幹を揺るがす謀略に嵌められ、アクゼリュス崩落を起こして多大な犠牲者を出す。
拭い切れない罪を贖罪するため、生まれ変わろうと努力を始め、謀略阻止の為に仲間達と動き出したが・・・。

2千年の昔、惑星オールドラントでは、星の誕生から消滅までの記憶=【星の記憶】を有すると言う第七音素“セブンスフォニム”を巡る戦乱が続いていた。
長きに渡る戦いは、人々だけでなく惑星自体をも荒廃させ、大規模な地殻変動が、大地から毒を含む“障気”を生み出した。
第七音素セブンスフォニムから「星の記憶」を詠み取る力を持つ天才譜術士【ユリア・ジュエ】は、詠み取った記憶=【預言スコア】に従って、地中深くに障気を封じ込め、惑星の滅亡を回避する事に成功する。
しかし、ユリアの偉大な功績は、預言スコアを盲信する切欠を人々に与えた。
人々は、ユリアの教えを護るローレライ教団が発する預言スコアに、次第に支配されていった。

そして現在―――。
世界はキムラスカ・ランバルディア王国とマルクト帝国の2大国に分割され、危うい均衡で平和が保たれている。
しかし、ローレライ教団の幹部のみが知ると言う惑星預言“プラネットスコア”に導かれ、世界は再び戦乱の世を迎えようとしていた・・・。

“ND2000 ローレライの力を継ぐ者 キムラスカに誕生す
其は王族に連なる赤い髪の男児なり
名を聖なる焔の光と称す
彼は キムラスカ・ランバルディアを新たな繁栄に導くだろう”


最終第26話「新たな世界」では、エルドラント最深部にてヴァンとの最終対決を迎えたルーク達一行。
ヴァンは飽くまで、星の記憶を消滅させ、ユリアの残した“滅亡”を示すラストジャッジメントスコアを覆す事を主張。
対するルーク陣は、星の記憶は未来の選択肢の1つであり、それを選ぶのは星ではなく人なのだと言明する。
スコアに縛られた未来など、在ってはならない。
互いに相容れぬ両者は、互いの剣を以てぶつかり合う。

ローレライの能力を解放したヴァンは、恐るべき力量にて応戦。
6対1の不平等な戦いをも、難無くやって除けてしまい・・・。

ティアの大譜歌により、突如苦しみ始めるヴァン。
その隙を衝き、ついにルークの剣がヴァンの身体を貫いた!!
「許せよ・・・、我が同志達よ・・・」
自身の野望が潰えた事を悟ったヴァンは、その言葉を最後に、光のオーラに包まれながら消滅してしまうのでした・・・。

エルドラント崩壊の中、ローレライを解き放つため、独りその場に留まったルーク。
その後、ルークは解放されたローレライの導きにより、死した己のオリジナル【アッシュ】と共に、炎柱となって天に還って行ったのでした・・・。

そして2年後---。
スコアの無くなった世界、月光の豊かな渓谷に、ティアの美しき譜歌が冴え渡る。
その歌に、導かれるように現れた人影・・・。
それは、見紛う事無き、流麗なる紅の長髪。
「どうして、ここに・・・?」
「ここからならホドを見渡せる。それに、約束したてからな・・・」

ティアの瞳から、歓喜の涙が溢れた・・・・・。

ってな訳で、目出度くハッピーな終幕を迎えた本作品。
予てから人気のあったテイルズシリーズ初のアニメ化と言う事で、とても興味深く視聴する事が出来ました。
テイルズらしい世界観、個性豊かな登場キャラ達・・・。
とくに、熱烈なアビスファンにとっては、堪らん作品となる事、間違い無いと思います☆

実はこのアニメの放映中、PSPの『レディアント・マイソロジー2』をプレイしていたんですが、そのゲームでは、“ルークとアッシュは双子”と言う設定になってたんですよ~(汗)
まぁ、登場キャラの多さが売りのゲームだし、仕方がなかったんでしょうけど・・・(;´▽`A``

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。