スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『黒執事』 セバスチャン・ミカエリス 

セバスチャンS

『黒執事』のセバスチャンです。
「私はアクマで執事ですから」
この文句を信条に、飽くまで主人に忠実に奉仕して来た彼。
そのアクションの1つ1つは、とても俊敏且つ秀麗に・・・。
文句の付け様のない、パーフェクトな執事っぷりには、本当にうっとりさせられました(*´Д`*)

物語の舞台となるのは、19世紀後半、ヴィクトリア朝時代の英国。
名門貴族【ファントムハイヴ】家の執事【セバスチャン・ミカエリス】。
彼は、知識・教養・品位・料理・武術・・・全てにおいて完璧。
我儘な12歳の主人【シエル・ファントムハイヴ】を相手に、今日も漆黒の燕尾服姿で華麗に執務をこなす。
上質な執事アニメで、至高なるひと時をあなたに・・・・・

セバスチャンは、日常の執事の仕事に加え、如何なる主人の命令も、当然の如く完璧にこなす有能執事。
完全無欠という言葉は、彼にこそ相応しい。

セバスチャンの主人であり、ファントムハイヴ家当主でもあるシエルは、12歳ながら、僅か3年でファントム社を英国一の製菓・玩具メーカーに成長させた実績を持つ。

以下はシエル等に関連のあるキャラクター達の紹介。

≪ファントムハイヴ家の使用人≫
◎【バルドロイ】…通称バルド。ファントムハイヴ家の料理人。
◎【フィニアン】…通称フィニ。ファントムハイヴ家の庭師。
◎【メイリン】…ファントムハイヴ家の家女中。極度の遠視で、眼鏡を掛けたドジっ娘。

≪悪魔を忌嫌う死神達≫
◎【ウィリアム・T・スピアーズ】…死神派遣協会管理課の死神。いつでも冷静沈着。
◎【グレル・サトクリフ】…嘗てはシエルの叔母“マダム・レッド”の執事であった。セバスチャンにラヴ☆
◎【葬儀屋(アンダーテイカー)】…シエルの知人で、度々情報を提供している。

最終第24話「その執事、滔滔」では、ついに悪魔であるセバスチャンVS天使であるアッシュの闘いに終止符が打たれる。
人柱により建てられしロンドンブリッジ。
その上空にて、行き過ぎた正義を振り翳すアッシュ。
そして、シエルより執事に最後の命が下る。
「奴を・・・天使を殺せ!!」
「イエス、マイ・ロード」


不浄を身に纏い、敏捷に斬り付けるアッシュ。
直後、セバスチャンの左腕が宙を舞う・・・!!

死神の助力(?)により、何とか反撃を試みるセバスチャン。
「坊ちゃん、一つお願いがあります。目を閉じていて下さい」
「私は執事、主人の心象を害する様な、無様な姿は見せられません」
「私が良いと言うまで、じっと、目を・・・・・」


その真の姿を現出させたセバスチャン。
それは、(本人曰く)無様な、醜悪な、えげつない・・・。
恐ろしさの余り、見る見るその表情を強張らせるアッシュ。
こうして、幾らかばかりの衝撃音と共に、天使は自らの身体を何度も何度も貫かれ、遂にはその命に終焉の刻を迎えたのでした・・・。

深き霧の中にて・・・、契約満了の瞬間は近付いていた。
シエルの忠実なる執事として、最後まで責任を持って“死”を届けたセバスチャン。
荒廃した古城の中、"生きていた証である強烈なる痛み"を己の魂に刻み付けた蒼き瞳は、死を受け入れるその刹那まで、艶麗なる輝きを失う事は無かったのでした・・・。

原作から離れ、アニメ独自のオリジナル路線を歩んで来た本作品。
まさかシエルが逝く瞬間まで描かれるとは、ちょっと(良い意味で)予想外でした♪。
原作の漫画本では、まだまだお話が殆ど進んでいませんからね~(汗)
現在進行中の"サーカス編"を含め、この先、どんなストーリー展開が待ち受けているのか、非常に楽しみですo(*゚ω`*)o

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。