スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レンタルマギカ』 アディリシア・レン・メイザース 

アディリシアS

『レンタルマギカ』のアディリシア嬢です。
若いながらも、“ソロモン王家の秘術”を巧みに操る彼女を、その使役魔神“マルバス”と共に描いてみました。
魔力の量をコントロールすれば、呼び出す際の魔神の大きさも調節出来るだなんて、何ちゅう至便な・・・。
どんな恐ろしい姿の魔神でも、小さければペットみたく、とても可愛い♪

アディリシアは、イギリスの魔術結社【ゲーティア】の若き首領にして、ソロモン王の末裔。
72の魔神を喚起し、強大な敵を討ち滅ぼす。
ゲーティアは主人公【伊庭いつき】達の属する【アストラル】のライバル関係に当たるが、とある事件を切欠にアストラルとは協力関係となった。
彼女の使用する魔法は、【ソロモン王の秘術】と呼ばれるもので、ダビデの子にして古代イスラエルの王ソロモンを祖とする魔術。
魔法円、三角形、五芒星、六芒星、有りと有らゆる象徴(シンボル)を駆使し、嘗てソロモン王が使役した七十二の魔神を従える。
だが、象徴と呪文の複雑さも相俟って、その習得は困難を極める。
一瞬でも隙を見せれば、魔神は翻って術者を喰らい尽くすと言う。
分類として、ソロモン72柱の魔神と契約・喚起する召喚魔術と、魔神へ影響を及ぼす七惑星の力を利用する護符魔術がある。
魔神喚起の魔術特性は『王命の喚起』-血脈強制召喚。
五芒星や魔法円などを駆使し、魔神を封印する壷を用いる。
護符魔術の魔術特性は『惑星の喚起』-惑星霊の護符により心身の内側と外の世界を繋ぐ、意志の具現化。
指輪の形をとった護符を用いる。

≪アディリシア関連重要キーワード≫
◎【ゲーティア】…アディリシアが率いる魔術結社。ソロモン王の魔術を使う。入札した仕事は落とさない事で有名、“協会”にも大きな影響力を持つ。協会によるゲーティアの格付けはAAAランクとなっている。
◎【ソロモン王】…アディリシアの使うソロモン王の魔術を創った人間。ソロモン王の魔術書は4冊に分けられ、その内の第1部が“ゲーティア”と題され、七十二の魔神を呼び出すための秘術が記されている。
◎【ソロモン七十二の魔神】…資料によっては“72柱”“72の悪魔”“72霊”等と書かれる事もある。本作品内では、魔術結社ゲーティアにおけるソロモン王の魔術で喚起(召喚)される霊的存在。七十二の魔神の中でもバール、アスタロス、パイモン、アスモダイの4柱は頭角にある“至上の4柱”と特別視されており、その4柱と契約する事により他の魔神を従える。直、契約と喚起は別の行為であり、契約が出来ても喚起が出来るとは限らない。
◎【メイザース家】…表向きの顔は名門貴族であり一流投資家。そしてソロモン王の秘術を伝え、魔術結社ゲーティアを統べる魔術の名門である。現在の当主はアディリシア。メイザースの姓はマグレガー・メイザースから拝借していると思われる。

第5話「魔術の夜(マギ・ナイト)」では、闇に浮かぶ紅い月光の下、海の底より呼び掛けるは、威厳に満ち満ちた低音ヴォイス。
その正体は、自らを“本物の魔法”と称するアディリシアの実父だった!!
彼は、タブーを犯したゲーティアの同胞であり、そして、タブーとは“魔法使いが魔法になってしまう事”を示す。
そうなれば、存在するだけで呪波汚染を撒き散らす存在となってしまうためだ。
異臭を放ち、ドロドロに蕩けしマグマの様な、その身体。
全力を持って闘うアディリシアだが、魔法そのものと化してしまった父には、到底力及ばない。
が、その場に駆け付けたヒロイン【穂波・高瀬・アンブラー】の助力によって、何とか事なきを得る。
「また夜に会おう、アディー・・・」
そう言い残した異形の父は、液体が気化するかの如く、足早に掻き消えてしまうのでした・・・。
アディリシア父との最終決着は、まだまだ先となる様です。

先週第15話「人魚の伝説」では、美少女登場アニメの定番、水着の回・・・もとい、人魚に携わる“八尾比丘尼伝説”が語られました。
“船魂(フナダマ)”と称される人形を、海辺の祠に戻しに来た、社長のいつき&見習い社員【黒羽まなみ】。
が、突如黒い霧に囲まれ、気付けばそこは見知らぬ世界の船上。
どうやら、“兵頭”と名乗る男に救われたらしい。
そう、その人物こそ、人魚の肉を食した経験のある、稀少なる存在であったのだ!!
“人魚の肉を喰らえば、その肉体は不老不死となる”
“人魚の肉を喰らった者は、いずれ人魚に貪り喰われる”

その言い伝えに違わず、人魚の大群に襲われるいつき達。
が、黒羽の力で、身代わりの船魂を呼び寄せ、人魚達を見事退散させる事に成功☆
その後、いつき達は謎の空間から弾き出され、やっとこさ元の世界に・・・。
即ち、人形に宿っていた悲しみが、この場所に戻る事で、人魚伝説と呼応し合って、常世へといつき達を導いた・・・と。
私は、もともと八尾比丘尼伝説にとても興味を持っていたので、非常に興味深く視聴する事が出来ました。
それにしても、不老長寿の妙薬と呼ばれる人魚の肉を食べれば、八百歳まで生きられるって、本当なのだろ~か。
しかしながら、最終的には化け物扱いされて、自身の生まれた村にもおれんくなったっちゅ~話やから、あんま良い事尽くめって訳でも無いのかな・・・(´▽`;)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。