スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『D.Gray-man(ディー・グレイマン)』 リナリー・リー 

リナリーS

『D.Gray-man』のリナリーです。
ずうっと疑問だったのが、彼女の装備する“ダークブーツ”について、アニメ本編中とOP&EDでは微妙にデザインが違ってない・・・??!
と言う点だったのですが、それも最近になってやっと解消。
何と、“第2解放”なるパワーアップ術が存在したんですね~( ̄∇ ̄;)
何だか異様に感心してしまったゼ☆

リナリーは、“黒の教団”の室長助手兼“エクソシスト”の女の子。
対アクマ武器【黒い靴(ダークブーツ)】にて可憐に舞い、アクマを破壊する。
とても仲間想いで、室長【コムイ・リー】の妹でもある。
黒の教団のマスコットガール的存在。

舞台は、仮想19世紀ヨーロッパより始まる、【エクソシスト】と【AKUMA(アクマ)】の物語・・・。
“AKUMA”とは、世界を終末へ導こうとする【千年伯爵】なる者に製造された、“機械”“魂”“悲劇”を材料とする、哀しき悪性兵器である。
そのアクマを破壊出来る力を唯一持つのが、【黒の教団】と呼ばれる組織に属し、その中でも、“神の結晶”である【イノセンス】に選ばれた“エクソシスト”のみ---。
主人公【アレン・ウォーカー】もその1人。
左腕に宿した“イノセンス”を武器に、リナリー達・仲間と共にアクマを破壊し、千年伯爵に立ち向かう戦いへと、その身を投じて行くが・・・。

第50話「一途な想い」にて、中国・麗江の街へとやって来たアレン達。
そこには、水晶玉を使って未来を占う能力を持つ少女【メイリン】が居た。
恐らくは“イノセンス”であろう、その水晶玉---。
千年伯爵の命を受けた【ノアの一族】の1人【ルル=ベル】と、その配下でLevel2のアクマ【ミミ】は、水晶玉の破壊を試みるも、メイリンを守護するエクソシスト達に阻まれ、なかなか実行に移す事が出来ない。
そんな中、“ルル=ベル様に認められたい!!”と言う気持ちを強く心に持つミミは、真の姿にて、エクソシスト達の前に現れた!!
それは、幾つものトルネードを操る、ドラゴンの如き風貌。
「ルル=ベル様のお傍に仕え、ルル=ベル様のために尽くす、全てはルル=ベル様のために!!!」
そう咆哮を上げたミミは、身体に強力なオーラを纏い、全力にてエクソシスト等の前に立ちはだかる!!
ボロボロに傷付きながらも、決してメイリンを手放さないリナリー。
はうっ、めっさ母性本能を感じさせてくれますな~・・・(*´Д`)ノ
そして、ついにイノセンス“ダークブーツ”第2解放に向かい、リナリーの鋭い攻撃が宙を舞う!!!

その後、身を挺する事により、致命傷を負ってしまったミミは、ルル=ベル様の眼前にて、微笑みながら自爆★★★★★
何だか、敵キャラながら、超切ない最期でしたが・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
だが、しっか~し!!!
結局、水晶玉のイノセンスはルル=ベル様直々に破壊され、メイリンはエクソシストとしての資格を喪失してしまうのでした・・・。
かなり役立ちそうな力だったのに、本っ当~に残念!!
それでも、イノセンスが壊されてしまっても、『ムシウタ』みたく、“欠落者”にならないのは、唯一の救いではありましたけどね・・・(´д`;)

第51話「出航、東へ」にて、広州の街を歩くリナリーは、こう語る。
「私には、教団に来てからの記憶しかないの。それ以前の家族の思い出は、兄さんの事も含めて、よく覚えてない。だから中国に来ても・・・。あはっ、見るもの全て、珍しい物ばかりよ」
・・・そう、リナリーは紛う事無きチャイニーズなのだ。
しかしながら、幼少時分の記憶は全く残っていないと言う・・・。
そういった意味では、現ED『アントワネットブルー』の画像が、非常に気に掛かるところ☆
涙を流し、蹲まって泣く小さなリナリー。
拘束具に両腕を固定され、瞳孔の開いてしまった(?)リナリー。
兄と楽しそうに手を繋ぐリナリー。
そして、黒の教団の皆に背を向け、独り寂しく歩むリナリー。

はぁ・・・、リナリー中心且つ、どうにも意味深だらけの映像が、めっさイカしてるんですけど~(*´д`*)
今後は、是非ともリナリーの過去に特化したエピソードが描かれると嬉しいんですけどね。
う~ん、どうなるんだろ・・・。
と、思う間も無く、次週以降の舞台は何と、我らが“江戸”に・・・Σ( ̄□ ̄;)??!
今までヨーロッパ方面中心だった分、えらく新鮮に感じる訳ですが、ワールドワイドなストーリーは大好きなので、今後の展開に大期待です!!

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。