スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロミオ×ジュリエット(Romeo×Juliet)』 ジュリエット  

ジュリエット

『ロミオ×ジュリエット』のジュリエットです。
何だか剣を片手に薄笑いを浮かべておりますが、劇中のジュリエットとは、かなりイメージ違ってると思います。
実際の彼女は、もっと優しげで可愛らしく、恋焦がれるロミオに心時めかせる、初々しい乙女なのでございます。
しかしながら、剣を持たせて態とらしくブリ子にすのも何だかな~・・・と言う事で、今回は、めっさ凛々しくも雄々しいジュリエットの完成となってしまった訳なのさ。
ご容赦あれ☆

ジュリエットは、男装の麗人=【オーディン】として育ち、モンタギューに虚げられている人々を黙って見過ごす事の出来ない正義感に満ちた少女である。
キャピュレット家の生き残った家臣達と共に成長するが、16歳になるその日まで、自分の生い立ちは全く知らされていなかった。
ロミオとの出会いで、恋知らぬ乙女は、本当の愛に目覚めてしまうのだが・・・。

そして、オーディンことジュリエットの、もう1つの姿【赤い旋風】。
仮面を装着し、真紅のマントを靡かせ、颯爽と登場して悪漢を倒す姿は、 正に“正義の使者”の如し。
モンタギューの悪政下、苦しむ人々を助ける為、赤い旋風は暗躍するのだ・・・。

ここで、ジュリエットを除く、キャピュレット陣の主な登場メンバー等を紹介☆
フランシスコ…冷静・博識であり、参謀としての役割を担う。弓の名手である。少し毒舌。キュリオとは幼馴染で親友。
キュリオ…一流の剣の腕前を持ち、ジュリエットの師でもある。武骨で義侠心の強い男で、とにかく真面目。口下手。フランシスコと同じく、父を14年前の事件で亡くしている。
コーディリア…ジュリエットの幼い頃からの遊び相手で姉代わり、母代わり的存在。彼女の両親も14年前の凶刃に倒れる。面倒見が良く姉御肌のキリリとした女性。
コンラッド…14年前の事件でジュリエットを救い出した、キャピュレット家の元親衛隊隊長。頑固で古風。忠義に厚い。
アントニオ…コンラッドの孫で、仲間内の連絡係もこなす少年。
ウィリアム…ジュリエット達の住む芝居小屋のオーナーで、劇作家。作家としても、演出家としても“貴族の道楽”と評されており、芝居の人気は今一つ。
エアリエル…旧体制からの名門、ファルネーゼ家の現当主。息子であるウィリアムの劇場に、ジュリエット達を匿う等、陰ながら手助けをしている。コンラッドとは旧知の仲。
エミリア…ウィリアムの芝居小屋の看板女優。コーディリアやアントニオとも顔見知り。貴族社会に憧れており、いつか玉の輿に乗る事を夢見ている。

第22話「呪縛~荒ぶる激情~」では、ついに現ネオ・ヴェローナ大公、モンタギューとの戦いに決着がつきました。
街中に火を放ち、家臣達からも見放されてしまったモンタギュー。
そんな中、息子であるロミオとティボルト、キャピュレット家の末裔であるジュリエット等の見守る中、毒塗りの長剣により背部から刺し貫かれてしまった大公。
その犯人は何と・・・ロミオの従兄弟であり且つモンギュー配下の【マキューシオ】!!!
どうやら彼は、大公による過剰な恐怖と圧迫に、精神を錯乱させてしまった様子。
「あぁ・・・あなたが、あなたが全て悪いんだ。ふっ、ふははははは・・・・」
力無くも不可思議な笑いを発するマキューシオ。
直後、ジュリエットに抱きかかえられながら崩れ落ちるモンタギュー。
大公)「何故・・・何故皆、私を愛さない」
ジュリエット)「あなたは・・・愛されたかったのですか」
大公)「ふ・・・哀れみなど、いらぬ・・・。私はこの世の誰よりも、恐れられ・・・たい・・・」

そして、ついにネオ・ヴェローナ全土を恐怖により震撼させし、孤高なる王は、この世を去る事となってしまうのでした・・・。

うぅ~む、これは予想もつかない展開でしたよ。
まさか大公が、キャピュレット家とは何の縁も持たない、あのへなちょこマッキュンにね~(´д`;)
これぞ正しく“因果応報”と言うやつですかな??!
結局のところ、剣は何も生み出さない。
ロミオ)「大公は、愛よりも力を信じ、力によって滅びた・・・」
ジュリエット)「大公は、愛する事が怖かったのかもしれない。だから、剣に助けを求めた。余りに強く愛したら、失った時の悲しみに耐えられないから・・・」
ラスト、2人から導き出されし結論は、その各々が耐え難き悲痛に満ちており、とても哀しく、そしてとても切なく、己の心に沁み入るのでありました・・・。

第23話「芽吹き~死の接吻~」&最終第24話「祈り~きみのいる世界~」では、瀕死に迫るエスカラスの下、狂気に満ちたオフィーリアの襲撃がめっさ怖かったです。
「キャピュレットの娘よ、契約の時は来た。今こそ芽吹きの時・・・!!」
それ以降は原作にも見られぬ超展開。

“エスカラスに代わって、永遠の痛みと苦しみを受け続ける”
それが、代々エスカラスと共に生きる、キャピュレット家の娘に密かに伝えられし、哀しき運命・・・。
“ジュリエットの運命を背負う”
そう心に決めたロミオは、圧倒的な強さを誇るオフィーリアに挑むも、到底敵うべくもない・・・。

オフィーリアに“死の接吻”を強要されたジュリエットは仮死状態に陥ってしまう。
その後、黄金に輝き、奇妙にはためくジュリエットの両翼。
そして・・・・・
何とも奇妙なる繭ゴンの完成だぁ~~~っΣ(゚Д゚;)!!!
それは“挿し木”となる事を拒みし、ジュリエットの姿だった・・・。
力の限りを尽くしてジュリエットに歩み寄るロミオ。
「ジュリエットぉぉぉ~~~!!!!!」
宙に木霊せし、ロミオの全身全霊を懸けた絶叫は、ついにジュリエットの意識を再覚醒させるに至る。

半身のみならず、最早全身が枯渇状態と化してしまったオフィーリア。
「この世界で一番尊き存在、それは、この世界に生きる人達だ!!!」
そう主張したロミオは、オフィーリアの胸部に剣を突き立て、あぁ、やはり弾力性は皆無だった様で、簡単に粉砕されてしまうのでした・・・。

ふふふ、これでロミジュリは、生きたままハッピーエンド、やはりアニメ版は原作とは、異なる終幕に・・・・・と、思ったのにぃぃぃ・・・!!!!!
何と、ジュリエットが目にしたのは、エスカラスに身体を貫かれし、ロミオの無惨なる姿。
あうぅっ、そんなぁぁ~~~( ̄□ ̄;)!!!

「君のお陰で・・・初めて感じた。誰かを好きになる、喜び・・・。幸せだよ、ジュリエット・・・。君のいる世界で、生きる事が出来て・・・」
「ジュリエット・・・、もう君の名を呼べない。君の姿が、見えない。ジュリ・・・エッ・・・」

力無く、垂れ落ちる右腕。
そして、ロミオはその短き命に、静かに終止符を打つ・・・。

「生きる時も、死ぬ時も、永遠に2人は、共に在る・・・。ロミオは最後まで誓いを守ってくれた。だから、私も・・・」
そう・・・そして、やはり、最後にジュリエットの選択した道は、ロミオと共に在る事だった・・・。
「愛してる、ロミオ、もう離れない、永遠に・・・」
故意に体内の種子を芽吹かせた後は、より一層、眩い輝きを放つゴールドの翼。
「エスカラスよ・・・、私の命の鼓動を、祈りを聞き届けて・・・!!」
こうして、黄金の光はネオ・ヴェローナ全体を包み込み、緩やかに海面へと降下して行くのでした・・・。

しかし、浮遊大陸が地表の一大陸となり、それがネオ・ヴェローナの“救済の道”だとは、何と言うか、予想も出来ませんでした。
しかも、ネオ・ヴェローナに暮らしていた人達でさえ、その大陸が宙に浮いていた事を知らなかったって、マジですかっっΣ( ̄□ ̄;)??!
有り得んやんけ~。

ラストは、ウィリアムの〆にて。
“争い、憎しみ、悲しみ、痛み、それらの全てを終わらせる事が出来るもの、それは、『愛』・・・。人を愛する喜び・・・その事を、あなた達は、教えてくれた・・・”

・・・と言う訳で、結局は原作に違わず、2人は永遠の人となってしまいました。
しかし、2人は、最後の最後まで互いを愛し合い、そして、その想いと誓いは、“共に眠る”事によって永遠の時を刻む---。
何だか、死ぬ事によって成就される想いってのも、皮肉に満ちた気がせんでもないですが、それでも2人が共に幸せを感じる事が出来たのであれば、それはそれで有効な道だった様にも思えたり・・・。
やはりロミジュリは、“若かりし男女の悲劇の物語”
しかしながら、それは愛を貫き通した、強き信念の物語でもあり、自分にとっても、何かしら学び感じる事の出来た、素晴らしいストーリーの様に思えて仕方がありません・・・。

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト

『ロミオ×ジュリエット(Romeo×Juliet)』 ロミオ 

ロミオ

『ロミオ×ジュリエット』のロミオです。
普段着と礼服・・・どちらを描こうか非常に迷ったのですが、“うむ、礼服姿の方が、荘厳な感じがするかも!!”と、言う何とも単純明快な理由から、こちらのコスチュームになりました♪
本編中では、ほんのちょっぴりしか登場しないのが玉に瑕・・・ってとこでしょうか(´▽`;)

ロミオは、現大公【モンタギュー】の息子である。
父のやり方を正しいとは思っておらず、自ら市中に下り、民の様子を見て回る事も屡々。
父の決めた許嫁(ボロメオ家の一人娘【ハーマイオニ】)がいるが、本当の恋がどうか分からず、今一本気になれない。
街で出会った【ジュリエット】に恋をしてしまうが、彼女は嘗て父が滅ぼした一族【キャピュレット家】の娘である事を後々になって知るが・・・。

これは2人の若者の“恋”のお話。
しかし、“恋”と呼ぶには余りに過酷で切ないお話---。

物語の舞台となるのは空中浮遊都市【ネオ・ヴェローナ】。
キャピュレット家統治の下、“神秘の力”の恩恵に恵まれ栄華を誇りしヴェローナは、14年前のモンタギュー家反乱により、その平和は過去のものとなりき。
暴君による悪政が敷かれ、人々の貧富の差は、より明白なものとなった。

キャピュレット王家の血を引きし、唯一人の生き残りである少女、ジュリエット。
両親の仇、 そして、独裁者の息子であるロミオ・・・。

残酷な運命は偶然にも彼等を引き合わせ、結果、2人は止まる事の無き深き恋に落ちて行く---。

ロミオの父親・モンタギューが、とんでもない暴君である事は、既に周知の通り。
だが、そんな彼にも、決して人に知られてはならぬ秘密があった。
それは、第17話「暴君~漆黒の因縁~」にて明らかにされる。
モンタギューの母親は、実は娼婦であったのだと言う。
病床の母から、己の実父がキャピュレット家の貴族である事を聞かされた幼き時分のモンタギュー。
「あんたのお父さんはね、貴族様なんだよ。しかも、キャピュレット家のね・・・。本当なら、あたしもあんたも貴族の街で楽に暮らせる・・・はず・・・だったんだ・・・よ・・・」
そのまま、涙を流しながら息を引き取った、哀れ極まる母親の死に様は、モンタギューの心に、キャピュレット一族への深く激しき憎悪を駆り立たせた。

「覚えておけ。お前に野心があるならば、世の中を突き動かすのは、恐怖と憎しみだ・・・!!!」
そう語り、マキューシオの父親・タイタスを容赦無く斬り捨てたモンタギューの内からは、人間らしき心など、微塵すら感じられない。
正に鬼神の如し。

そして、もう1つの衝撃の事実。
それは、何かとジュリエットの支えとなってくれるイケメン貴公子【ティボルト】が、モンタギューの隠し子であった事!!
嘗て、モンタギューはティボルトの母に近付き、そして、捨てた。
その後、ロミオの母親【ポーシア】と結婚したのだと言う・・・。
ティボルトの母は、彼を出産した後、直に亡くなった様だが、その無念なる心の内は、如何許りのものであったのだろう・・・。

母親に起因する、“憎しみ”の連鎖。
それはモンタギューとティボルト、共通の感情。
そう言った意味では、彼等は親子以上に親子と言えなくもない・・・か。

しかし、ロミオとティボルトが、まさか異母兄弟だったとはね~。
はっきり言って、全然似てないや~ん★
否、寧ろ対照的・・・??!
これが、温室育ちと雑草の「差」と言うものだろうか。
それにしても、雑草育ちのティボルトの方が、モンタギューにより似ていると感じるだなんて、彼等にとって、これ以上の皮肉は無い・・・ってね(´д`;)ノ

グラディスカ鉱山の一件において、より男らしさを増したロミオ。
そして、第19話「継承~我こそは~」にて、“赤い旋風”として再び民衆の前に颯爽と現れたジュリエット。
彼等の目指すものは、“希望”に満ちた新しきネオ・ヴェローナ。
独裁的な暴君を切り捨て、市民によって統治される世界---。

ラストまで残り数話となったこの作品、メインテーマであろうロミジュリの恋の行方は勿論の事、実はモンタギューやティボルトの進み行く前途も非常に気になる部分であったり・・・。
“息子であるロミオを愛しているから、モンタギューに対する憎しみはもう無い”
当のジュリエットがそう語る以上、まさか大公を殺害してヴィクトリーを勝ち取る・・・だ、な~んて事も有り得なさそうですし・・・。
いって幽閉ってとこでしょうか。
うぅむ、各々の問題がどの様なソリューションによって解決に至るのか、これからの展開が、と~っても楽しみですっ!!!

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。