スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Venus Versus Virus(ヴィーナス ヴァーサス ヴァイアラス)』 名橋ルチア 

名橋ルチア

『Venus Versus Virus』のルチアです。
首都圏&それに準ずるエリアでは、とっくに放送終了しているこの作品、私の住まう地域では、今週、やっと最終回を迎えました☆
よく考えたら、半月以上のタイムラグ。
やっぱ田舎は、アカンよねぇ~(´д`;)

ルチアは、アンティークショップ【ヴィーナスヴァンガード】のオーナーとして働く、寡黙な女の子。
が、裏の本業は、世に蔓延る【ヴァイアラス】の退治ハンター。
ある事件を切欠に、ヴァイアラスを視る力を具え持つ事となった【鷹花スミレ】をパートナーに迎える。
今は亡き母【リリス】は、類稀なる【フラグメント】の持ち主であった。
そして、父【リュシフ】は、完璧な性質を持ち、穢れ無き魂の場所である【真なる世界】を求め、自らをヴァイアラスに貶めた・・・!!

≪フラグメント、それが真なる世界―――≫

“ヴァイアラス”
それは、人間の魂を喰らう魔人、人ならざる存在。
それ故、人の魂を求めて彷徨い、奪い、貪り続ける・・・


第11話「ギセイ サツイ」では、スミレの想い人【草薙与識】が、実はリュシフの配下の者であった事が判明。
本当の名前は【アイオーン】と言うらしい。
自分の本来の役割、そして、スミレへの個人的な感情。
思い悩んだ与識は、博物館を舞台に、スミレがリリスから受け継いだフラグメントの片割れを奪おうと試みる。
が、最終的には自分の想いに正直となり、スミレを護るため、【苑果】配下の【ガイ】&【ルカ】とも敵対。
しかし、与識があんなに強いとは思わなかったよ・・・Σ(゚Д゚;)
「ボクが必ずスミレちゃんを護る」・・・って、もう格好良い~♪
が、その光景を眼前に、スミレが与識に襲われているのだと勘違いしたルチアは、与識の背後から長剣で一突き!!!
想い人の死(?)に嘆き悲しむスミレは、フラグメントの覚醒と同時にヴァーサーク化!!
うん、ここまでは良かったのよ。
いや、良くないけど、良かったのよ。
問題の最終話に比べれば・・・。

最終第12話「シロイ ミライ」では、ルチアの左眼の力により、実はリリスが自害していた事が分かった。
まぁ、これは、実父がリリスを殺したと勘違いしていたよりは、幾分ましだったのではないかと・・・。
んで持って、それなりの地位があるかと思われた苑果&与識先輩も、えらく簡単に土塊と化してしまい・・・。
最終シーン、雪の降る寂れた教会の下で行われた、ルチアVSスミレのラストデュエル。
「もう、あたしは世界を恨まない。自分を壊したりしない。どんなに辛くても、どんなに悲しくても、この世界を滅ぼしたりしない。だって、ここは、あなたと私のいる世界だから・・・!!」
そう誓ったルチア、は強烈な輝きを放つ左眼を解放。
共鳴暴走した光に包まれ、リュシフは消滅。
そして・・・・・
後には、テーブルの上に一輪挿し&贈り物の砂時計と共に飾られた喪服姿(?)の2人の写真立て。
・・・って事は何。
2人は世界の平和と引き換えに逝ってしまったと・・・。
そういう解釈で良いのかな??
EDは通常通り。
ED後にも、期待したCパートなんてものは無く・・・。
うむ、いまいちよく分からない最後でしたが、とりあえず3ヵ月間楽しめたことは事実なので☆☆☆
あぁ~、それでも、2人が生きてるか死んでるかぐらいは、説明して欲しかった気がしないでもない・・・( ̄∇ ̄;)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。