スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BLACK BLOOD BROTHERS(ブラック・ブラッド・ブラザーズ)』 望月ジロー 

望月ジロー

『BLACK BLOOD BROTHERS』のジローです。
ダークなイメージの強いヴァンパイアにしては、素晴らしくド派手はコスチューム☆
これぞ、モダン・ヴァンパイアの神髄?!
ジローが嘗て人間だった頃は、軍服姿でしか登場しませんでしたからね~。
彼の本来の嗜好は、こういったプライマリーカラー系列だったと言う事でしょうか。
パステルカラーを好む私には、あまりにも煌びやに見えてしまったりする訳ですよ・・・(´▽`;)

ジローは、元帝国海軍少尉。
19世紀、ロンドンにてアリス・イヴによりヴァンパイアに転化。
【香港聖戦】で、銀のコーティングが施された日本刀で、【九龍の血統】を数多く斬り、始祖である【九龍王】をも倒した存在。
以後、【銀刀】の異名を取る。

物語の舞台となるのは、香港聖戦から10年後の【特区(経済特別解放区)】。
聖戦を生き延びた九龍の血統と香港の英雄達が、再び戦いの連鎖を巻き起こす。
特区に住まう人間(RED BLOOD)達にも多大な影響を与えるであろう、ヴァンパイア(BLACK BLOOD)種族の戦いは、どの様な方向に向かうのか。。。

最終第12話「我が血統の永遠なる鼓動がためこの血の総てを捧げんことを」では、当初からよく分からなかった様々な謎が明らかになりました。
ジローと血の共鳴を果たした【オーダー・コフィン・カンパニー】の調停員・葛城ミミコは、悲しきジロー&コタロウ兄弟の宿命を知る事に。
兄弟が特区に来た理由は、コタロウの友達を作るため。
ジローがいなくなった後、寂しくない様に・・・。
コタロウは【賢者イヴ】と呼ばれるソース・ブラッドの生まれ変わりだった。
彼女が血を分けるのは、自らの護衛者となる1人のみ。
護衛者となったジローの使命は、無力となった彼女の身体、その血を守る事。
そして、護衛者は彼女が十分に成長した暁には、彼女に血を返し、共に生き続けるのだと言う。。。
自分は、彼女に食べられるために生きていると主張するジロー・・・。

クルーザー上での、ジローとカーサの闘いは素晴らしい迫力でした。
しかし両者の力は五分、完全な決着はつかず、“また必ず来るからね”と言い残したカーサ達は、特区を後にするのでした。

イレブン・ヤードに隠されていると言う九龍王の遺灰。
カーサ達の狙いは、まさにその王の復活だった。
以降、ジローとミミコはコンビを組む事となり、初仕事に。
ラスト、大きな熊の縫いぐるみ・バウワウ卿と戯れるコタロウ君が、とても可愛かったです♪

・・・と、言う訳で一応終了はしたものの、何も解決には至っていない所を見ると、これはもう続編の予感がプンプンしちゃったり。。。
はぁ~、早く続きが見たいです!!
ジロー達に再び会える日が待ち遠しいよぉ~(*´Д`)ノ

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。