スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『牙-KIBA-』 ゼッド 

ゼッドS

『牙-KIBA-』のゼッドです。
彼の眼の下部にある、微妙な黒い縁取り。
これはいったい何なんでしょう。
やっぱ、単純に考えると、隈・・・??
横になっている事の多いゼッドに関して、睡眠不足は考えられないんですけど、精神的にはかなり厳しそうな感じでしたからね~。
う~ん、やっぱ、隈かな(´▽`;)

ゼッドは、コミュニケーションが苦手且つ無口な一匹狼タイプの15歳。
しかし、母親や友人に対しては、不器用ながら優しい一面を見せる事も。
15歳の誕生日にシャードキャスターとして覚醒。
実は、彼の体内には、強大な力を持ったスピリット・シャード【アミル・ガウル】が宿っていたのである。
そのスピリットに導かれて、シャード世界へとやって来たゼッドの人生は、様々な出来事に巻き込まれる内に、大きく変化して行き・・・?!!

第49話「母と子」では、ついにアミル・ガウルを、その手中に収めたゼッドの実母【サラ】。
が、本来アミル・ガウルに選ばれし者でないサラは、黒き闇に襲われ、一瞬にして精神崩壊。
“己の大切なもの”を護らんと、懸命にシャードを手に入れようとした彼女。
が、アミル・ガウルへの欲求に捕らわれ過ぎたあまり、その大切なものが何であるかさえ忘れていた・・・。
そんな中、シャードはサラに対し、過去の映像を見せる。
そこに映っていたのは、まだ幼き、大切な大切な我が子の姿。
その想いに涙ぐみ、正気となって現実世界へ戻って来た彼女。
「私の大切なゼッド、ありがとう・・・・・」
それが、サラの残した最後の言葉。
シャードの魅惑に取り憑かれし者の、悲しくも哀れな終焉が、大変印象に残りました。

第50話「永遠の絆」&最終第51話「風吹く場所へ」では、ついに最強最悪のスピリット【タスカー】が復活!!
何とも禍々しいルックスが笑える(*´∀`*)
彼の真の目的は、人間の創り出して来たこの世を廃し、新たなるスピリットの世界を創造する事であった。
タスカーの体内に取り込まれ、タスカーそのものとなってしまったゼッド。
が、死したジーコの、最後の呼び掛けにより我を取り戻す。
アミル・ガウルと共にタスカーから分離したゼッドは、見事タスカーを打破!!
・・・と、ここまでは良かったのですが、その後が、かなり謎★
「アミル・ガウル、オレは最後にお前と闘いたい。オレが求めていた強さは何だったのか、この先、どう生きて行けば良いのか、それがハッキリと分かる気がするんだ」
そう語ったゼッドは、アミル・ガウルの瞳の中に吸い込まれ、何処か別の空間へと消えて行くのでした・・・。
その後、元に戻ったノアは車椅子に座り、ナースコスのロイアと共に静かに暮らしていた。
そして、問題のゼッドは・・・・・
高層ビルの乱立する、えらく高度な文明の世界。
ビルの屋上から飛び立った彼の背中には、天使の如き光り輝く2枚の翼が生えていた・・・と。
ふむ、これは“ゼッド=アミル・ガウル”になってしまったのだと解釈して良いものかどうか・・・。

エピローグはよく分からなかったものの(汗)、ラスボスのタスカーを倒すまでは、結構楽しく視聴する事の出来た作品なので、4クールと言う長い間ですが、見続けて本当に良かったと思います(〃 ̄ー ̄〃)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト

『牙-KIBA-』 ロイア 

ロイア

『牙-KIBA-』のロイアです。
彼女の不思議な髪型・・・。
描き終わった今でも、どうなっているのかよく分からないんですけど(´▽`;)
恐らく、帽子の中で上手く纏まる様に工夫されているのでしょうね。
とてもセンスが良いと思います♪

ロイアは、16歳、シャードキャスターの女の子。
テンプラーの長にして超一流のシャード使い・ジーコの元で育てられ、日々弟子として訓練に励む。
感情表現が豊かで、喜怒哀楽が、とてもハッキリしている。
どうやら、主人公・ゼッドの存在が、恋とは別の意味で(?)気になっている様だが・・・。

身体の変異により、自分がタスクの人間だと言う事に気付いたロイア。
己の存在に自信の持てなくなった彼女は、タスクで感じた微かな母の記憶を頼りに、真実を追う事を決意する。
第23話「絆」では、ついに実母・ジェサラとの対面を果たしたロイア。
が、ジェサラは、シャードの力を借りて、ロイアの父・モロッコの側近であるデスパラの身に、、その精神を宿らせた魂のみの存在だった。
デスパラの中で生き続けたジェサラ。
ロイアが生きていると信じ、彼女に再び危険が迫った時、今度こそ自らの力で、大切な娘を護るために・・・。
全ては10年前、モロッコの前に預言者・グルジェフが現れた事から始まった。
グルジェフはロイアについて、“父の身を滅ぼす呪われた子”と、宣告。
心の弱いモロッコは、悪夢に苛まされ、挙句の果ては、“ロイア殺し”を買って出たデスパラに、娘の運命を預ける羽目に。
だが、テンプラーのジョーカー・クラウドは言う。
「君には父の憎しみよりも、母の愛を胸に刻んで欲しい。ジェサラの愛が産んだ命の奇跡を・・・」
ラスト、モロッコの刃からその身を挺して娘を救ったジェサラは、「ロイア、ようやくあなたを護る事が出来たわ・・・」と、言い残し、デスパラの肉体と共に、この世を去る事となる。
我が子を慈しみ、母としての強き誇り&想いを感じ取る事の出来た、素晴らしいお話だったと思います。

先週第50話「永遠の絆」では、ついにゼッドとノアの一騎打ちが実現。
伝説の存在である【タスカー】の姿もハッキリと見て取る事が出来ました。
タスカー復活の暁に待ち構えるものとは、いったい何なのだろう・・・。
来週はいよいよ最終回。
もう絶対に見逃せません!!!

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ

『牙-KIBA-』 ロベス 

ロベス

『牙-KIBA-』のロベスです。
シャドーを濃くしたら、かなり厳しいフェイスになってしまいそうでしたので、ちょっぴり控えめなメイクのロベス様です。
いくらナイスルックスな男性と言えど、やっぱ男がメイクってのはなぁ・・・(´д`;)
あ、でも泣き黒子くらいなら全然許せますよ、はい♪

貴族の血筋に生まれたロベス様は、その美貌とキザな振る舞いで女性には大人気。
嫌味ったらしい言動も多いが、本人には全く悪気はなく、ある意味ストレートな性格のシャードキャスターと言える。
それにしても、近頃全く活躍なしのロベス様。
自分のお屋敷で開いたパーティー等で、ナンパ三昧な生活でもしてるんでしょうかね~。

ここで、少々用語解説。
【シャード】・・・魔力の結晶体
【シャードキャスター】・・・シャードを操る者
【スピリット】・・・シャードキャスターがシャードから呼び出したモンスター

ロベスのスピリットは、ベラドンナと呼称される黄金の人型モンスター。
しなやかな体で軽やかに動き回り、相手を翻弄する。
鋭い手足を使った攻撃、雷撃等で敵を攻める事が多い。

また、この作品には、様々な国が登場する。
【カーム】・・・主人公・ゼッドが育った閉鎖的な街
【テンプラー】・・・ゼッドが新しく舞い降りた共和国
【ネオトピア】・・・ゼッドの親友・ノアの降り立った絶対規律を正義とする封建国家
【ジーモット】・・・ヒューの統べる軍事主義国家
【タスク】・・・ヒューの傀儡・獣人の王であるガリの統べる悪の枢軸

第37話「首都陥落」では、複合体スピリット【エクスマキーナ】が、ネオトピア国内で大暴れ。
だがそれも、ゼッドのスピリット【アミル・ガウル】の新たな力により滅ぼされ・・・。
ついに始まるジーモットの一斉攻撃。
そして、ネオトピアの最高権力者・ハイラムとヒューが対面したとこで次週に続く、となる訳ですが。。。

最近一番悲しかったのは、アミル・ガウルの取り込みに失敗したヒューのフェイスが、口裂けの化け物調になってしまった事!!
以前は冷たい視線が素敵な、悪の貴公子的存在で、結構お気に入りなキャラだったのにぃ~。
もうフェイスが元のイケメン眼鏡に戻る事はないのかな・・・。
そうだ!!
再度異なるキースピリットの取り込みに失敗すれば、あるいは?!!
いや、もっと醜く崩れたら、見れたもんじゃないか・・・( ̄∇ ̄;)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。