スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『THE THIRD(ザ・サード)~蒼い瞳の少女~』 火乃香 

火乃香

『ザ・サード~蒼い瞳の少女~』の火乃香です。
今更ですが、やっと最終第24話「これから始まる物語」が見れたぜ、ベイビー☆・・・って事で、ヒロインの火乃香を描いてみました。
天宙眼は必須かな~・・・と思い、頭に結んだリボンを無理矢理取ってみたのですが、行動的にはちょっと苦しかったかも・・・(´▽`;)

火乃香は、幼いボーイッシュなルックスの女の子。
その道では5本指に入ると言いわれるプロの【何でも屋】だが、殺しの依頼だけは絶対に引き受けない。
得意技は、自動歩兵の装甲でさえ切り裂く事が可能な、日本刀による居合い斬り。
額には【ザ・サード】達とは異なる、ブルーアイリスの【天宙眼】を持つ。

第23話「鋼の谷へ」で、ついにイクスへの想いを打ち明けた火乃香。
それは、今までに言いたくても言い出せなかった、彼女自身の深い深い恋心。
「行かないで、イクス!!言ったよね、一緒にこの世界を見たいって。あたしだって見たい、あんたの知っている世界を。こんなに一緒に居て、あたし、あんたの事何も知らない。分かる?!聞きたかったけど、我慢してたんだよ。聞いてしまったら、終わりになりそうだったから、あんたが遠くに行ってしまいそうだから。勝手に行かないでよ、私何一つ聞いてなんかいないのに、何一つあんたの事知らないのに、ずるいよ・・・そんなの・・・」
とても気持ち込もった、長い告白の言葉。
そして、火乃香の想いを受け取ったイクスは彼女をそっと抱きしめるのでした。
その時、火乃香とイクスがファーストキスを交わしたのかは、シャドー効果のため、分からず終いでしたが、そこまで気にするのは、野暮ってもんですかね・・・( ̄∇ ̄;)
個人的予想では、たぶん2人は抱きしめ合っただけだと思うんですが、どうでしょう。。。

そして、最終話。
火乃香の力に吹っ飛ばされた自動歩兵達が、まるでゴミから出た灰のように宙に舞う姿が、素晴らしく圧巻。
物体を透過させるイクスもすごいけど、火乃香の天宙眼の力も強大なものとなっていました。
そして、予てから気になっていたイクスの正体。
【鋼の谷】の地下深く、そこは、過去から現在までのあらゆる技術と遺産が詰め込まれた領域。
そこに存在する【観察者】と呼ばれる者とコンタクトを取る事が出来る【決定者】、それがイクスだった。。。
しかし、観察者の気持ちをずっと感じ取って来た火乃香は、イクスの代わりに、感謝と謝罪の意を伝え・・・。
互いに理解を深める観察者と火乃香。
結局、決定は先延ばしとなり、イクスが観察者としての役割を引き継ぐ事に、そして、観察者はこの星の遺伝子を持つ妖精と旅立つ事となりました。
しかし、妖精にもブルーアイリスの天宙眼があったとは。。。
妖精と火乃香は、観察者の想いを感じ取る事の出来る、特別な存在であった・・・という解釈で大丈夫なのかな?!

最後は一気にスケールアップした壮大なお話となり、ちょっとビックリな感じもしましたが、全体としては、アクションとファンタジーの両立を果たした、素晴らしい作品であったと思います(〃 ̄ー ̄〃)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト

『THE THIRD(ザ・サード)~蒼い瞳の少女~』 イクス 

イクス

『ザ・サード~蒼い瞳の少女~』のイクスです。
彼の手元で光ってるのは、やっぱ妖精・・・かな??

この作品はWOWWOWのノンスクランブルで放送されたものですが、10月26日にラストを迎えました。
・・・で、私は衛星放送を視聴する事が出来ないので、動画サイトを利用して見続けて来た訳ですが。。。
何と・・・!!
第24話が、いまだにアップされないままでして、ラスト1話のみ未視聴という、とても悲しい状況のままなんですよね。
うお~ん。゜(゚´Д`゚)゜。

イクスは、謎めいた雰囲気を持つ、のほほ~んとした性格のナイスルックス青年。
世間に疎い天然キャラかと思いきや、妙に博識な一面もあり、何とも油断できない存在である。

物語の舞台となるのは、過去の大戦によって荒廃した砂の惑星。
そこは、額に赤い瞳【天宙眼】を備え、コンピュータシステム等をダイレクトコントロールする事が可能な、優れた能力を持つ【ザ・サード】と呼ばれる者達に統治されていた。
僅かに生き残った人々は、科学技術を【テクノスタブー】によってザ・サード達に管理されながらも、たくましく生き抜こうとしていた。。。

それにしても、イクスは謎の多い人物である。
あ、最終話の放送された今となっては、そうでないのかもしれませんが、とりあえず個人的には、まだ謎なままなので・・・(´▽`;)
第15話「砂嵐の夜」では、ヒロイン・火乃香がレオンから受けたレーザーの傷をヒーリング。
しかし、イクスの力では組織を再生する事は出来ても、血液を作り出す事までは出来ませんでした。
それを補ってくれたのは、“カムイ”と言う名の白き狼。
イクスはこの狼とも意思の疎通が出来ているようでした。
そして、“命が生きる処”を求める妖精と1つになったカムイは、どこか別の空間へと消え去って行きました。
その光景を目の当たりにしたイクスは、こう語る。
「おそらくは、妖精の欠落していた何か、重要な遺伝子を彼は持っていたのです。妖精はこの星を旅立つ準備を整えるため、カムイと1つになる必要があり、カムイもまた、それを知っていて、妖精を探していた。」
・・・って、何でそんな事知ってるんですか~っΣ( ̄□ ̄;)?!!

そして第23話「鋼の谷へ」では、自動歩兵からの攻撃もパーフェクト透過。
都合の良い時のみ、実体ですらない体へと変貌を遂げたイクス。
星の心を繊細に感じ取り、ザ・サード達からも『あの方』と呼ばれる程の、彼の正体とはいったい・・・?!
第24話、早く視聴したいですっ(≧▽≦)ノ

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『のほほんホビー』TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。