スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ゼロの使い魔』 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール 

ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール

『ゼロの使い魔』のルイズです。
描いてて思ったのは、髪の湾曲具合がなかなか芸術的なキャラクターだな~・・・と。
何だか気に入ってしまいましたよ、この髪型★

ルイズは、トリスティンの北東に領土を持つ名門ラ・ヴァリエール公爵家の三女。
名門貴族の出身ながら、全く魔法が使えない彼女の二つ名は“ゼロのルイズ”。
しかしながら、貴族としての誇り高さ&気位は人一倍強いという、少々困った性格の持ち主である。。。

物語の舞台となるのは異世界【ハルケギニア】。
そして、【全寮制トリステイン魔法学院】。
ルイズによって召喚された使い魔の高校生・平賀才人が御主人様であるルイズと共に過ごす学院生活には、アンビバレントでハイブリット出来事がいっぱい☆
罵られ、なじられ、そして愛されたりと波乱に満ちた暮らしの才人とゼロのルイズの運命はどのような方向へ進むのだろう。。。

ハルケギニアにおいては、魔法の使える“貴族”と、使えない“平民”という階級が存在する。
我々の言う“貴族”とは、かなり意味合いが違っていて面白いですね。
魔法には、「火」「水」「風」「土」の4系統があり、伝説の系統として「虚無」というものがあるようですが、使える者は誰もいない。
魔法を使用するには杖を振って呪文を唱えなくてはならないようで、ここら辺の設定は『ハリポタ』と共通してます。

使い魔は、一生を共にするパートナー。
能力の高い者は、ドラゴンやグリファン等の幻獣を使い魔とする事もできる。
・・・という事は、異世界から高校生を召喚しちゃったルイズって、めちゃめちゃスゴい存在なんだろうか・・・?!

第12話「ゼロの秘宝」で、異世界に関わる伝説を調べようと、タルブの村にやって来たルイズ達。
そこで見つけた“竜の羽衣”と呼ばれる物の正体は、何と零式艦上戦闘機(通称ゼロ戦)だった!!
しかし、“竜の血”がガソリンだったとは・・・。
元の世界へ帰るには、竜の羽衣で3日後に訪れる日蝕に飛び込む必要がある。
帰る方法が見つかり喜びに満ちた表情の才人。
一方ルイズは、才人がいなくなるかもしれないという不安に押し潰されそうになっており・・・。
そんな中、レコンキスタがトリステインに宣戦布告したという情報が!!!
最終回、ルイズと才人の運命はどうなってしまうのだろう。
才人は本当に元の世界に帰ってしまうのだろうか?!
もうハラハラドキドキですっ(≧▽≦)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。