スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ストロベリー・パニック(Strawberry Panic)』 花園静馬 

花園静馬

『ストロベリー・パニック』の花園静馬です。
シックでシャープ、且つお嬢っぽいデザインの制服がとてもよく似合う静馬様。
今回は、あまりの美しさに夢か現か分からなくなるような、儚げな感じの彼女を表現してみたのですが、どうでしょう・・・。

歩くだけで周囲の視線を集める、美しき美貌の持ち主、静馬様。
しかし、実はいろんな下級生に手を出してはすぐに飽きてしまうというプレイガールでもあったり。。。

物語の舞台となるのは、3つの女子高が建ち並ぶアストラエアの丘。
そして、聖ミアトル女学園、聖スピカ女学院、聖ル・リム女学校、3校共通の寄宿舎である、いちご舎。
3校の生徒会全てを束ねる権力を持ち、生徒達のトップとして位置づけられるエトワール(フランス語で“星”という意味)である花園静馬と、ある事情により編入してきた新入生、蒼井渚砂が出会うところから物語は始まる・・・。

最初は、お役目ボイコット&プレイ好きで、どうしようもない性格だと思われた静間様。
しかし、彼女がそうなってしまったのには、理由があった。
桜木花織・・・それは、かつて静馬と共にエトワールの座に輝いた女の子。
しかし、その体は限られた命を宣告されたものであり、やがて天国へと旅立つ事に・・・。
花織を失ってからの静馬は生きる気力、輝きを失い、その心は固く閉ざされてしまった。。。
第19話「リフレイン」での、静馬と花織の野外Hシーンには、さすがにうおっΣ(゚Д゚;)!!!・・・と思いましたが、花織にとって、静馬は“自分に生きる場所を与えてくれた人”としての象徴であったと考えれば、何とな~く納得・・・?!

第18話「愛の嵐」では、渚砂は花織の代わりにはなれない事が判明してしまった訳で、それ以降はとても鬱展開ではあったものの、それも第21話「花のように」で解消かな。
花織のラストレター、『静馬、自由になって。私の愛した、美しく、強く、完璧で自由な静馬でいて。いつまでも、ずっと・・・・・』を聞いたいた時にはさすがにジ~ンときました。
花織さん、最後の最後まで静馬の事を考えて逝ったんですね。
その想いの深さには、感服するばかりです。

次週からは、ついにエトワール選スタート。
天音さんも立候補しそうな感じだし、要とは激しく衝突しそうな予感。
何と言っても、サブタイが「決闘」ですからね~。
要さん、卑怯な手段を使ってこないか心配です(´д`;)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。