スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『うたわれるもの』 オボロ 

オボロ

『うたわれるもの』のオボロです。
彼の衣装デザインは一見すると、全てブラウン系統で、かなり地味ぃ~な感じに見えたのですが、それでも使用するカラー数は多くて、描いてみて初めてその凝ったデザインに驚かされました。
『うたわれるもの』のキャラの衣装って、全てそんな感覚なんですよね。
いやぁ~、さり気なく力入ってるのって、本当に素晴らしいと思います♪

オボロは狩猟民族の若き族長。
その肉体は俊敏な運動能力を備え、気性も激しく、真っ直ぐで熱い男である。
最初はハクオロと敵対していたが、彼の人望に惹かれ、“兄者”と敬称するようになった。
オボロにはユズハという、体の弱い妹がいる。
殆どの時間を病の床で過ごす彼女は、とても純真な心の持ち主である。

最終回、第26話「うたわれるもの」のラストでは、オボロがユズハの墓に、彼女の大好きだった鈴を置き、「それじゃあ、行って来るよ、ユズハ」と、話すシーンがありました。
この時思ったのは、えっ、ユズハって死んじゃったのΣ(゚Д゚;)?!・・・という事でしたが、彼女が亡くなる時の描写が全くなかったのは、少々寂しかったです。
いきなり体の具合が急変したのでしょうか・・・。
「オレはまだ未熟だ。玉座に座る器じゃない。」
そう語ったオボロは、ハクオロの鉄扇をその手に、ドリィ&グラァと共に旅に出る事を決意する。
この時の彼は、初めてみる黒い衣を羽織っていて、ちょっと格好良かったです。
初めのうちは、人に突然襲いかかったり、異様なまでのシスコンっぷりを見せたりして、少々大人気ないオボロでしたが、物語のラストでは、しっかりと精神的成長を遂げる事に成功した彼を見て、とても感心させられました。
『うたわれるもの』の中で、一番成長率の激しかったキャラはオボロのような気がします。

結局、ハクオロとエルルゥは離れ離れになってしまいました。
やはり、“神”と“人間”が共に暮らす事など、出来るのものではありませんでした。
しかし、最後の最後で、エルルゥが振り返って笑いかけた相手が誰なのかを想像すると、淡い期待も一気に膨れ上がり、これはやはりハッピーエンドだったのかな?!・・・とも思えて来たり。。。

何はともあれ、『うたわれるもの』が予想以上に素晴らしい作品だった事は、間違いありません。
たくさんの素敵なキャラ達に出会えて本当に楽しかったです(〃 ̄ー ̄〃)

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
スポンサーサイト

『うたわれるもの』 トウカ 

トウカ

『うたわれるもの』のトウカです。
耳が翼な人なんて初めて描いたので、ちょっとドキドキでした。
地味なように見えて、意外とシャープなトウカのファッション。
上に羽織ったロングコートがとても格好良いです(〃 ̄ー ̄〃)

トウカはエヴェンクルガ族の武人。
各国を渡り歩く傭兵。
何よりも【義】を重んじ、主に対してはとても厚い忠誠心を見せる。

第11話「永遠の約束」で、敵方の傭兵として姿を現したトウカ。
「某が名はトウカ!!義によりクッチャケッチャに助太刀する。悪漢ラクシャインよ、エヴェンクルガの名において斬る!!!」
・・・と、いきなり主人公を悪者呼ばわりして、何なんこの人~っΣ(゚Д゚;)?!!・・・ってのが第一印象だったような。。。
しかし、ちゃっかり同時にハクオロに対しての不信感も沸々湧いてきたりして、何とも複雑な気分。
その後は、カルラ、オボロ等と闘い、見事な剣捌きにうっとり。
そして、「それでは、ご機嫌よう♪」と、カルラに橋から落っことされ、それでも無傷でひょっこり帰ってきた不死身な身体のトウカさん。

そんな中、クッチャケッチャのオリカカンがシケリペチムの君主ニウェに利用されていた事が明らかになり、第14話「戦禍」では見事トゥスクル陣の仲間に加わってくれました。
彼女の事が大好きだっただけに、この時は本当に嬉しかったです(*´∀`*)

さて、アブ・カムゥ登場以来、ちょっびっとずつ崩れつつある『うたわれ』の世界観。
先々週辺りから出てきた謎の科学研究施設。
そこには“アイスマン”と呼ばれる仮面の男と、何らかの実験体らしき“3510号(ミコト)”と名付けられた少女。。。
ウルトリィによれば、ハクオロの真の姿=ウィツァルネミテアという事のようですが、何より気になるのは、現在の世界と科学研究施設が存在した頃の世界の接点。
それが分からない事には、何が何だか・・・(´д`;)
そして、ディーの正体。
クライマックスも近いというのに、謎だらけなとこがマジで謎☆
ラスト3話、どんなストーリー展開が見られるのか本当に楽しみです。

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ

『うたわれるもの』 エルルゥ 

エルルゥ

『うたわれるもの』のエルルゥです。
エルルゥの衣装って、地味なように見えて、けっこう凝ったデザインなんですね~。
描いてみて初めて実感しました。
首部の周囲に掛かっているワッカみたいな布が変わっていて面白いです♪

エルルゥは大怪我をして倒れていたハクオロを助けた女の子。
アルルゥとは仲の良い姉妹であり、“薬師”見習いとしても活躍している。
優しく、明るく、面倒見も良い。
父の面影を持つハクオロに仄かな恋心を抱いており、彼が他の女性と親しくしているのを見ると、やきもちを焼いたりする事も。。。

エルルゥの優しさが一番感じられたのは、第13話「血塗られた戦い」でした。
自分が何者か分からず酒に身を任せるハクオロ。
そんな中、ハクオロの手を取り、「ハクオロさんが誰だなんて、どうだっていいんです。私にとって、ハクオロさんはハクオロさんなんです・・・」と優しく語るエルルゥ。
すると、ハクオロはエルルゥを強引に抱き寄せ、「君は私が怖くないのか・・・?」と問う。
しかし、ハクオロを後ろからそっと抱きしめたエルルゥは、「私がハクオロさんを怖いと思うなんて、絶対ありません・・・。大丈夫です・・・大丈夫・・・」と。。。
女性のしっとりした優しさを感じさせてくれたエルルゥ。
私もこんな女性になれたら良いのになぁ~・・・な~んて、密かに思ったシーンでもありました(〃 ̄ー ̄〃)

第18話「解放軍」で、カルラに迫られるハクオロを見てしまったエルルゥ。
そして、翌日から始まったシカト攻撃。
布団と紐でグルグル巻きにされたハクオロの姿を見ても、全く動じないエルルゥにはマジウケでした。
怒らせると一番怖いのはエルルゥかもしれませんね(´▽`;)

第20話「初陣」でも、クーヤとハクオロの関係を誤解しかけたエルルゥですが、ここはクーヤのフォローにより、あっさりと解決。
クンネカムン国所属の新たなキャラ達も続々と登場し、クライマックスへ向けての面子も勢揃いしたかな~・・・という感じ。
そう言えば、『うたわれ』っぽくない鎧ロボ“アブ・カムゥ”の登場には本当に驚きました。。。
プラチナロングのイカれたお兄さんや羽根の男性は、アンデッド系の妙な事を企んでいそうだし、クーヤ様の心境の変化も気になるところです。
そして、ハクオロの正体等々、よく考えるとまだまだ謎が多いかも?!

☆人気ブログランキング参加中です。よろしくお願いします。
人気ブログランキング

『ゆったりイラスト空間』TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。